• TOP
  • 大倉順憲さんの日記


大倉順憲さんの日記

  • 2019

    6月

    18

  • 白石和彌監督 「凪待ち」(キノフィルムズ試写室)を観て。

    「誰が殺したのか?」とチラシにコピーが載ってたが、すぐにわかってしまう。まあいいけどさ。若松プロにいた監督が、吉澤健さんを起用したのは往年のファンとして嬉しい。そして、吉澤さん、不破万作さん、麿赤児さんという草創期の状況劇場の面々が画面に勢揃いされたのは、これまた嬉しい。ただ映っているだけでワクワクドキドキする面構えの人たちだ。描かれた話と白石監督お得意の暴力に関しては、何だか切なく哀しくなってく...

    三上康雄監督 「武蔵」(有楽町スバル座)を観て。

    潔いほど真っすぐに事実を描いた正統派時代劇。人間味にあふれ無様な生き方した武蔵役の細田善彦が、ストレートな演技で清々しい。目黒祐樹さんはさすがに殺陣がお見事。深みある演技で画面が締まった。スバル座閉館かあ。こういう味のある映画館が、惜しいなあ。 


  • 2019

    6月

    15

  • 「黒白珠」(渋谷シアターコクーン)を観て。

    脚本:青木豪/演出:河原雅彦 6月12日(水)19時。風間杜夫さんや高橋蕙子さんが出るので、期待して観たのだが、なんだか尻切れトンボでよくわからんかったなあ。「記憶喪失」「占い」といったキーワードがストンと飲み込めない。風間さん高橋さん村井國夫さんは良いんだけど。若い役者が…というか演出が小劇場の域を出てなくて、観ていて疲れる。なんだか焦点がボケているように思えるのだけど、人気はあるようだから俺が...

    関田育子 作・演出 「浜梨」(三鷹SCOOL)を観て。

    6月10日(月)19時半。65分という小気味よい尺で、またしてもイリュージョンの世界に連れていってくれた。前回観た時よりも、人物や現象等を客観的にとらえているように見える。公園、映画館、喫茶店、駅、列車の中…という架空のセットが見えてくる。ロングとアップも見えてきた。関田女史本人は、漫才に影響を受けたと話していたが、これは落語の世界にも通ずるぞ。ひとりの役者が違った役柄に変わる間なんていうのは、枕...


  • 2019

    5月

    30

  • 新海誠監督 「君の名は。」(DVD)を観て。

    大ヒットした当時はアニメにあまり興味がなく、今さらだけどようやく鑑賞。しかも図書館で借りて。なんだ冒頭から「転校生」のパクリじゃねえか。大林宣彦監督の。オッパイを触ってビックリするのも、そのまんま。(大林映画では鏡を見ながらだったけど)オマージュということなんだろうが、そこから興醒め。ロマンチックな良い話に集中出来ず、失礼ながら途中から素麺ゆでて喰いながら観る。アニメ特有の「アハッ」という低い息づ...


  • 2019

    5月

    13

  • 中野量太監督 「長いお別れ」(渋谷ユーロライブ試写)を観て。

    「長いお別れ」。タイトルからチャンドラーのハードボイルドっぽい物語かなと、いいかげんな想像をしていたのだが大違いだった。名優山崎努さんの圧倒的な存在感。蒼井優が主演というより狂言回しのように立ち廻り、良い。そうかあ、「長いお別れ」。そういう意味だったんだ。「湯を沸かすほどの熱い愛」のように劇的なエンディングは無かったけど(原作があるから)、メリーゴーランドのシーンには泣いたなあ。明日は我が身だよ。


  • 2019

    5月

    08

  • 今泉力哉監督 「愛がなんだ」(テアトル新宿)を観て。

    テアトル新宿が満席、立見も出るなんての初めて見たぞ。それも若い年齢層が多い。いやあ、今泉監督とうとう当てたね。短編の頃から、山下敦弘監督のタッチに似ていると思っていたけど、このグダグダした男女関係や、ダメダメメンヘラ一歩手前の心情を描かせたらうまい。あ、角田光代が原作かあ。こりゃあ、オリジナルに見えるよなあ。江口のりこが、はすっぱなバカ女で好演。

    東京タンバリン わのわ公演 「花筏」(東京国立博物館 九条館)を観て。

    5月6日(月)11時。高井浩子作・演出。ほほう。照明効果、音響無しでも出来るんだ。借景の利用が見事。タンバリンの芝居は2回目だが、女性ならではの視点で書かれた視点や人間関係は素晴らしい。俺には書けないや。えらいぞ。高井。


  • 2019

    4月

    27

  • Ova9 第1回公演 「Necessary Targets~ボスニアに咲く花」(荻窪オメガ東京)を観て。

    4月24日(水)初日。女性7人の劇団旗揚げ公演。演出家が青年座の方だけに的確な演出なのだが、それだけに何か面白みが無い。女性が怒号を浴びせたり泣きわめいたり、おまけにレイプされた状況をモノローグで聴かされるのはつらかった。翻訳物だから、しょうがないのだろうけど。閉鎖的空間における各々の心情吐露は、70年代の小劇場を思わせ、懐かしくもあり何を今さら感があった。女優陣はそれぞれ芸達者な方々ばかりなので...


  • 2019

    4月

    21

  • 井上淳一監督 「誰がために憲法はある」(神楽座試写)を観て。

    原作が左翼芸人といわれる松元ヒロ。監督が若松プロにいた井上淳一(「戦争と一人の女」「止められるか、俺たちを」は秀作!)。音楽が頭脳警察のPANTA。そして主演が名優渡辺美佐子とくれば「憲法くん」は、必然と鮮やかに浮き上がってきた。ポレポレ東中野でまもなくロードショーされるということだが、出来ることなら8月まで頑張って欲しい。制作にクレジットが入ってた「長谷川和彦」って、あのゴジのことか?


  • 2019

    4月

    18

  • 中島みゆき「夜会工場 VOL.2」劇場版(渋谷ショウゲート試写)を観て。

    こりゃ中島みゆき劇団だ。ひとりでやってるのかと思ったら、他にもシンガー兼アクター&アクトレスがいたんだ。圧巻の構成力、間延びしないほどの寸劇の尺と朗読、そしてMC。1曲も知らなかった俺でも圧倒された。いつもチケット完売になるわけだ。中島みゆき以外の出演者は、歌も演技も踊りも出来るなんてご立派。そんなに若くないのに。でもちょっと2時間強の尺は、長かったかな。


  • 2019

    3月

    30

  • 「松元ヒロ ひとり立ち」(新宿紀伊國屋ホール)を観て。

    3月28日(木)19時。初日。ピエール瀧、アベ政治、オリンピック…諸々に言及し、笑いとともにスカッとさせる話術は見事。自身が体験した駅伝話から金栗四三の生涯を語る構成は、感動。ラストの映画「こんな夜更けにバナナかよ」の語りは、松元氏も敬愛するマルセ太郎を思い出させた。左翼芸人と呼ばれているけど、芸人こそ反社会的な目線を持たなくてはいけないのではなかろうか。


  • 2019

    3月

    13

  • テアトロジャージャン第15回公演 「緑のサイクリング」(恵比寿テアトロジャージャン)を観て。

    3月12日。初日。桃井章作・演出。デビッド・リンチ的展開というか、ストーリーテリングがモヤモヤして話が進まない。「どうなってるんだ」「どういうことなんだ」「桃井さん、テレビや映画では分かりやすいホン書いてたろう」後半、ようやくじんわりと構成の意味が滲み出てきた。もう、これって桃井さんの「ドグラマグラ」なのだろうか?断筆宣言されてから自由奔放にありったけの脳ミソを放出されているようだ。終演後、そこに...


  • 2019

    3月

    01

  • クリント・イーストウッド監督 「運び屋」(よみうりホール試写)を観て。

    「グラン・トリノ」から、もう10年かあ。ちょいと猫背になったけど、さすがイーストウッド。やはりアウトロー役が似合うぜ。御年88才!ひえーっ!「笠智衆88才没」「大滝秀治87才没」だよ。こんなファンキーな役、日本で誰がこの年で出来る?しかもバリバリ現役美女と3P(映画の中だけだけど)夢を持たせてくれるなあ。儲けた金を家族や他人に使うというところがいいし。スマホ、ネット等への現代風刺批判というのもスパ...


  • 2019

    2月

    23

  • ピーター・ファレリー監督 「グリーンブック」(試写・神楽座)を観て。

    絶賛。大絶賛。きっとアカデミー賞総なめするだろう。アメリカ、こういう題材好きだからな。オッサンふたりがクリスマスイヴに帰るというところが、ロマンチックでいいじゃないか。いい年こいて「グリーンブック」というワードさえも知らなかった自分を恥じた。 ヴィゴ・モーテンセンが良い。あんなに腹が出てるのに、かっこいい俳優は他にいないぞ。 「チクリ役」ジョニーを演じた俳優が計算された演技で、目が離せなかった...



大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲


月別日記