• TOP
  • 大倉順憲さんの日記


大倉順憲さんの日記

  • 2020

    3月

    19

  • ヴィッキー・ジョーンズ監督 「フリーバッグ」(シネ・リーブル池袋)を観て。

    イギリスでヒットし、賞を総なめした独り舞台ということなので観てみる。めちゃめちゃ受けてるんだけど(スクリーンの中では)、さっぱりわからん。我が語学力の無さを悲しみ恥じるとともに、俺はエロ告白する女性が苦手なの思い出したぞ。ひとり芝居というより、女レニー・ブルースといったところか。(ほぼ座っているので、スタンダップコミックじゃないけど)何故「特別料金」で3000円なのだ。髙いぞ。最後の台詞「FUCK...


  • 2020

    3月

    11

  • 三島有紀子監督 「Red」(新宿バルト9)を観て。

    冒頭から、雪の中を赤い布をつけて走るトラックの力強い映像演出。劇中にも出てくる谷崎の「陰翳礼讃」を意識した光と影の照明。美男子から、やさぐれ感が出てきた妻夫木。いいカンジなのだが、女性目線のホンに感情移入出来ない。ありえないような設定でも、巻き込んでしまう力が欲しかった。ま、原作は読んでないけどさ。

    トッド・フィリップス監督 「ジョーカー」(DVD)を観て。

    DVDには特典映像が付いているというので、再見。なんだ、これっぽっちかよ。ってカンジ。 あ、2回観て、やっとわかった。これ、「キング・オブ・コメディ」と「タクシー・ドライバー」なんだ。だから、ロバート・デ・ニーロなのか。気がきいているねえ。


  • 2020

    3月

    07

  • 小津安二郎監督 「早春」(DVD)を観て。

    勢いつけて、小津をもう1本。これは確か、旧文芸坐で観た。25、6の頃。小津って、いや野田高悟か。これほどまでの人と人とに起こる感情の機微を、どうして描けたのか。ふたりはどういう関係だったのだろうか。そちらに興味が湧いてきたぞ。岸恵子。美しい。

    小津安二郎監督 「お茶漬の味」(DVD)を観て。

    25、6才の頃、確か高田馬場の早稲田通り沿いにあったACTシアターで観た覚えがある。オールナイトで。淡々とした台詞で、眠ってしまったはずだ。こんなに夫婦の奥深さが描けているなんて。木暮実千代の憎々しさ、佐分利信の懐深い演技。50をとっくに過ぎて、やっとわかった。申し訳ない。いや、お茶漬の味。俺にはまだまだわからんか。


  • 2020

    2月

    11

  • 東京タンバリンわのわ公演 「花筏」(横浜BankART SILK)を観て。

    2月9日(日)16時。再演。だけど、挿入歌等、微妙に変えてあるところが憎い。横浜の港の風が入る空間さえも、畳をひいて和の空間にしてしまう。ゆるやかであり鋭い目線の高井演出。おつかれさん。小松杏好演。

    方南ぐみ企画公演 朗読劇「青空」(六本木俳優座劇場)を観て。

    2月1日(土)18時。舞台上には、椅子4脚だけ。セット無し。榊原郁恵、中西良太、村田雄浩、櫻井圭登(この人は知らないけど、きっと人気があるんだろう)の出演。で、6500円。強気だなあ。反戦をベースにして、犬と猫を擬人化した脚本は、朗読劇でしか出来ないというところが秀逸。稽古は1日だけだったと聞いたが、それでここまでの仕上がりに感服。案外そのぐらいの方が良いのかも。下手から二の腕を「寒いなあ」とさす...


  • 2020

    2月

    02

  • ポン・ジュノ 監督 「パラサイト 半地下の家族」(新宿TOHO)を観て。

    前半はコメディータッチで引き込まれたが、後半、あまりにも悲惨でラストに救いも無く、身につまされる想いだけが残った。30代前半の頃、離婚し、電気・ガス・水道すべて料金滞納で止められ、風邪で39度近い熱を出したときを思い出した。貧乏は、もう嫌だ。「お金の為に働くなんて」という奴は信用しない。ゼイタクは好きだ!


  • 2020

    1月

    19

  • 三谷幸喜脚本「罪のない嘘」(有楽町ヒューリックホール東京)を観て。

    1月17日(金)18時30分。ビリー・ワイルダーを彷彿させる三谷幸喜の練り上げられた脚本。ベテランから若手まで、バランスの良い配役。座長佐藤B作さんの熱演。TVドラマでは観られなかった鈴木杏樹の演技。片岡鶴太郎さんの舞台を観るのは初めてだったが、喜劇人として、押したり引いたりの技巧は素晴らしかった。そして、わが先輩、中西良太さんの十八番ともいえる、チンピラ臭を漂わせた小悪党と二枚目半の名演技、30...


  • 2020

    1月

    10

  • クリント・イーストウッド監督 「リチャード・ジュエル」(有楽町よみうりホール試写)を観て。

    主役でタイトル・ロールを演じるポール・ウォルター・ハウザー。良いねえ。キャシー役のオリヴィア・ワイルド。憎たらしい女だねえ。イーストウッド作品には、いつも無名の(俺が知らないだけだけど)俳優がキャスティングされてるのが良い。もちろん、サム・ロックウェル、キャシー・ベイツなんてところも、文句無い。SNSが氾濫し国民全員がプレスとなっている今、この事件を取り上げたのは、秀逸だ。恐ろしい。こんな事があっ...


  • 2020

    1月

    04

  • 山田洋次監督 「男はつらいよ お帰り 寅さん」(新宿ピカデリー)を観て。

    総集編かあ。そのひと言だなあ。全作観てるモノにとっては。メロン…ま、いいか。ラストの満男の涙は良かった。寅さん、いや、渥美清さんを想ってか、役柄なのか、そんなこたぁどうでもいい。ジンと来た。帰り、新宿ションベン横丁で酎ハイを独りで3杯呑む。正月3日の雑踏の中、独りで呑む境遇を、寅さんと申し訳なくも照らし合わせて呑む。じっと呑む。といめんの鏡に仏頂面の寅さんが映っているような気がする。その後パチンコ...


  • 2019

    12月

    31

  • ポン・ジュノ監督 「殺人の追憶」(TX)を観て。

    韓国映画は情念と業が深いなあ。いいねえ。ソン・ガンホ。知恵おくれ役の俳優、凄いなあ。ホンモノに見える。実話が基になってるけど、どうやったらこんなホンが書けるんだ。面白過ぎて、自信喪失になってしまった。元から自信なんて、ないか。来月公開される「パラサイト・半地下の家族」が楽しみだ。

    ニック・ハム監督 「ジョン・デロリアン」(新宿武蔵野館)を観て。

    バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアン号は、この人からのネーミングとは知らなかった。実話だけに、内容が濃すぎる。金と権力と知力と詐欺師が交わる青春活劇ってとこか。主役のリー・ペイス、ホフマン役のジェイソン・サダイキス、まだまだ俺の知らない曲者の俳優がいるもんだな、ハリウッドって。ドラッグ・ディーラーの情婦役のエリン・モリアーティ。コカインでブッ飛んで、プールに飛び込む演技に120点。 追...


  • 2019

    12月

    13

  • 周防正行監督 「カツベン!」(東映本社試写)を観て。

    映画が三度のメシより好きな映画人たちが、渾身の愛を込めて作った映画。と、宣伝コピーのような感想しか出てこない俺も、どうなのだ。でも、ホントにそう。駄菓子屋の親父役の目黒祐樹さんをはじめ、端々に至るまで豪華なキャスティング。これこそ、DVDよりも映画館で観られて欲しい。試写室でも、ちっちゃく感じたからな。永瀬正敏、「あん」に続いて、ひねくれたオッサン役、いいじゃん。周防さん、はずさないなあ。


  • 2019

    11月

    02

  • 荒木憲司監督 「スケバン くの一」(下北沢トリウッド)を観て。

    この映画、狂っている。冒頭から、いつ何処の世界の話なのか分からない。忍者が走っているのに、バックに電燈が、ぶっ立っている。と思ったら、いまどきモロバレのブルーバックが、無遠慮に出てくる。いや、わざと「どうだ。ブルーバックだぞ」と訴えているかのようだ。配役の設定がご丁寧にテロップで出てくるのだけど、これまたよく分からない。誰が役者なのかも。ああ、照明部の下村さんまで出てきた。内トラか。と思ったら、こ...



大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲


月別日記