• TOP
  • 大倉順憲さんの日記
  • 2014年01月

  • 1-11/11

大倉順憲さんの日記

  • 2014

    1月

    24

  • チャン・イーモウ監督 「あの子を探して」(VHS)を観て。

    ああ情けない。こんな傑作を見逃していたなんて。 出演者は、全員素人だという。主役のミンジがラストに流す一筋の涙にやられた。あっぱれ。子役の生き生きした表情!(近頃、なんとかっつー子役のドラマが話題になってるけど、この映画に比べれば学芸会だ。なんで日本の子役は、あんなわざとらしい演技をするのだ。いや、させるのだ)実話かと思ったら、実話っぽく撮ってるらしい。さすがイーモウ監督やるじゃない。悪ガキ黒板...

    小津安二郎監督 「秋日和」(DVD)を観て。

     佐分利信、51才の時の映画。今の俺と同じかあ。信じられないなあ。嫁に行く、行かないとか、母娘の関係など、今となっては少々退屈な話にも感じる。小津美学は良いのだけれど。やはり父娘を取り上げた「晩春」の方にシンパシーを感じるのは、男だからか。父にはなってないけれど。

    アルフォンソ・キュアロン監督「ゼロ・グラビティ」(渋谷TOEI)を観て。

    圧巻。91分でこれだけ簡潔に「死と再生」「絶望と希望」を伝えられるものなのか。映像美が盛んに讃えられているけど、俺はサンドラ・ブロックの肉体美を絶賛しよう。苦悩の末にようやく宇宙船(?)に入り、宇宙服を脱いだときのあの鍛えられたボディ!49才だぞ。アンジェリーナ・ジョリーやスカーレット・ヨハンセンがキャスティング候補に挙がってたらしいけど、若過ぎる。博士というインテリジェンスと幼いわが子を失ったと...


  • 2014

    1月

    18

  • マービン・ルロイ監督 「哀愁」(VHS)を観て。

    ヴィヴィアン・リーの業の深い演技に改めて・・・いや、今更ながら感嘆。 元は、舞台の二幕劇だったそうなので、話が整理されていて分かりやすい。 現在なら、娼婦という過去を悔やんで自殺する女性って、あまりいないだろうなあ。


  • 1-11/11

大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲