• TOP
  • 大倉順憲さんの日記
  • 2017年04月

  • 1-6/6

大倉順憲さんの日記

  • 2017

    4月

    29

  • ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017. 4月 27日 (木) (東京ドーム)を観て。

    もう、何回観てるんだ。俺。でも、ポールちゃんが来るんだから、行ってやんなきゃしょうがない。余裕の30分押しでスタート。これって、アーティスト側なのか、制作側のせいなのか。外タレだからといって、いいかげん30分も押すのは勘弁してほしい。そんな気分もOPの「ア・ハード・デイズ・ナイト」で吹っ飛ぶ。やっぱホンモノだよなあ。ただ、「オブラディ・オブラダ」の途中の笑い声をやった黒人ドラマーが、オリジナル通り...

    山田洋次監督 「家族はつらいよ2」(丸の内ピカデリー試写)を観て。

    前半の高齢者ドライバー問題の話は、「なんだよ、とりあえず一般的な時事ネタかよ」と観てたけど、後半で一気に社会派に。「馬鹿が戦車でやってくる」以来じゃないかな。「この国は、死ぬまで働かなきゃいけないのか」と橋爪さんに言わせる。うん。山田洋次監督の本領発揮。パート1をブッチギッタね。劇団ひとりの助手役の女優さん、スッとしてて好演。


  • 2017

    4月

    20

  • 佐々部清監督 「八重子のハミング」(新宿山野ホール試写)を観て。

    音楽の教師をやっていたという高橋洋子の設定が、亡き実母と重なってのめりこむ。原作は実話なのだろう。こんなにも人は人を愛せるものなのだろうか。今の自分に照らし合わせると、神社の真鏡を見るようでとても恥ずかしい。あの「ガキ帝国」の“あしたのジョー”升毅さんが、ジイサン役をやるようになったのかあ。主要キャスト以外は、地元山口県在住の役者さんだろうか。これにも手作りの愛が感じられて良い。タレントとしての井...


  • 2017

    4月

    16

  • ルパート・サンダース監督 「ゴースト・イン・ザ・シェル」(新宿バルト9)を観て。

    スカーレット・ヨハンソンが動くだけで良い。ありがたや。ありがたや。ご本尊様。ウディ・アレンの「マッチポイント」のエロエロ波状攻撃でやられてから、もうたまらんぜ。また、ジュリエット・ビノシュちゃんが、ええオバハンになっとったなあ。そうか、カラックス「汚れた血」から、もう30年かあ。そらあ老けるわなあ。なんで北野武なんだ。「アウトレイジ」と同じ芝居じゃないか。もうちょっと他に誰かいなかったのかい。桃井...


  • 2017

    4月

    04

  • 作・演出:宅間孝行 「わらいのまち」(東京グローブ座)を観て。 

    セレソンデラックスでやったのを再演らしい。自分のことは棚に上げさせて頂いて…劇団のは観ていないのにシツレイだけど、劇団とプロデュース公演では、かなり違いが出てしまったのではなかろうか。難しいとこだ。小劇場から大劇場進出は喜ばしいことなのだけど。応援したいのだけど。セレソンの舞台は絶賛していたから残念だ。宅間氏の孤軍奮闘の感があった。出演者をイジる座長芝居はほどほどに。作演出・主演のハードルは高すぎ...


  • 2017

    4月

    02

  • デイミアン・チャゼル監督 「ラ・ラ・ランド」(新宿TOHO)を観て。

    「セッション」で圧倒的なリズム感の編集と、演者のハイテンションは、俺好みだった。今回はちょっと賞獲りを狙ってたんじゃないか?…という、いかにもなアメリカンドリーム話。おさまり過ぎかな。ミュージシャンと女優という表現者が持つ、苦悩を描くのは良いのだけど、出来たら何かの答えを聴かせて欲しかった。出来すぎじゃねえか。しかし、ライアン・ゴズリングという役者は奥深いねえ。「ドライブ」の時の延々能面のような表...


  • 1-6/6

大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲