• TOP
  • 大倉順憲さんの日記
  • 2015年05月

  • 1-12/12

大倉順憲さんの日記

  • 2015

    5月

    29

  • 斎藤耕一監督 「約束」(VHS)を観て。

    再見…といっても、30年以上前にテレビで観たんだっけ。いいなあ、ショーケン22才。GSのスターだったという気取りなどを微塵も感じさせない感性の演技。ラストの逮捕される時の足掻く様。演出もあるんだろうけど、天性なんだろうな。岸恵子は40才かあ。こりゃ惚れるよ。まるでフランス映画だ。


  • 2015

    5月

    10

  • リチャード・アッテンボロー監督 「チャーリー」(VHS)を観て。

    ロバートダウニーJrのチャップリン演技は、「よくぞここまで真似出来た」とほめたたえてあげる。えらいぞ。クレイジーな母親役は誰かと思ったら、チャップリンの実の娘だった。こんなに痩せてんの、本当にヤバいんじゃないか(いしだあゆみ以上である)。不覚にも、マリサ・トメイが出てるのを見落としてしまった。ファンなのに。「笑いの影に涙あり」とは言うものだけど、こんなに悲惨なことは墓場の影にまで持っていった方が良...


  • 2015

    5月

    04

  • ジャウム・コレット=セラ監督 「ラン・オールナイト」(一ツ橋ホール試写)を観て。

    「男は黙ってエド・ハリス」。シブいねえ、エド・ハリス。それにしてもけっこうハゲましたな。そうか…「ライト・スタッフ」って、もう30年前か。ニック・ノルティがアルプスの少女ハイジのジイサンみたいになってたのにも驚く。役者がそろってるんだけど、なんだか展開が読め過ぎて雑なホンに思える。

    ゲキ×シネ 「蒼の乱」(一ツ橋ホール試写)を観て。

    劇団☆新感線。33年前か、大阪オレンジルームで「広島に原爆を落とす日」を観たのは。藤吉久美子が白いドレスを着て、とても初々しかったのを覚えている。その頃は、つかのコピーばかりやっていたと思うのだが(まあ、そういう時代だったし)。舞台のエンタテイメントとしては、歌あり踊りあり、笑いありで面白いと思うのだが。演劇を映画にするってのは、如何なものだろうか。劇場で観ていたら伝わったであろう雰囲気とセリフも...


  • 1-12/12

大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲