• TOP
  • 大倉順憲さんの日記
  • 2014年03月

  • 1-4/4

大倉順憲さんの日記

  • 2014

    3月

    13

  • 新藤兼人監督 「一枚のハガキ」(DVD)を観て。

     この大杉漣さん、スゴク良い。大竹しのぶのキチガイ寸前の演技でドヨンと重くなるところでの、コメディリリーフ的な演技がスゴク上手いなあ。トヨエツとの決闘シーンには部屋でひとり爆笑してしまった。 でもこういう話は、戦中戦後どこにでもあったんだろうなあ。ラストカットのズバッと幕降ろしはお見事。


  • 2014

    3月

    10

  • ジャン=マルク・ヴァレ監督 「ダラス・バイヤーズ・クラブ」(新宿シネマカリテ)を観て。

    マコノヒーと助演のジャレッド・レトの減量が話題先行で「痩せたらなんぼのもんじゃい!」と思っていたのだが、これだけガリガリになるのは凄いぞ!肉体的変革があればあるだけ役柄に打ち込めるものなのだろうか。 生きていくって大変だよな。と、つくづくこの頃考えるのだが、このマコノヒーのように自堕落な生活と生きていく為の作業との狭間で揺れる毎日だ。最後までカウボーイハットを被っているマコノヒーが、何だか可愛ら...

    吉田喜重監督 「ろくでなし」(VHS)を観て。

     松竹ヌーベルバーグかあ。「勝手にしやがれ」ってカンジだよな。淡々とした棒読みセリフの演出が多い中、ギラギラとした津川雅彦が生き生きしてくる。エンディングのCUT OUTがドキュメンタリーっぽくて良し。


  • 2014

    3月

    05

  • 小林聖太郎監督 「毎日かあさん」(DVD)を観て。

     小林聖太郎監督。「かぞくのひけつ」もアッパレだったが、この作品もお見事。特に子役の使い方が絶妙。永瀬が良い。ろくでないなんだけど、戦場帰りのダークな心を備えた男の味がとてもよく出ている。脇のキャスティングも良いねえ。こういう監督にもっとバンバン映画を撮らせてやんないと、すぐ古ボケてしまうぞ!


  • 1-4/4

大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲