• TOP
  • 大倉順憲さんの日記
  • 2014年09月


大倉順憲さんの日記

  • 2014

    9月

    28

  • 高山トモヒロ監督 「ベイブルース~25歳と364日~」(試写)を観て。

    弱いんだよな、こういう浪花節。筋書きが分かっているほど、ツボをとらえて感極まってしまう。特に、漫才コンクールにオフクロが観にきてるシーン。簡単なシーンなんだどなあ。意外なところで仁科貴の登場。出っ歯のメイクなので、中田ダイマル師匠か?と思ったが、時代が違う。あ、まるむし商店か。ラストの葬式シーンでも、天を仰いで号泣するのが印象的。やるじゃない。でも、参列人数は、こんなもんだったのか?エキストラの費...

    テリー・ギリアム監督 「未来世紀ブラジル」(VHS)を観て。

    再見。20数年ぶりに観て、ようやく事の成り行きがわかった。PCでリサーチ予習したこともあるけど。そうか、ラストは気が狂っていたんのか。ハッピーエンドじゃないんだ。あまりにもの映像美と奇想天外なストーリーで、理解出来てなかったぞ。それにしても当時としてはゼイタクな使い方だなあ、デニーロを。 


  • 2014

    9月

    24

  • リュック・ベッソン監督 「LUCY」(新宿ミラノ座)を観て。

    今、抱かれたい女NO.1です。スカーレット・ヨハンソン。ベッソンの野郎、また手を出してんんじゃねえだろうなあ!ニキータもジョボビッチもテゴメにしてやがるからな! 「ニキータ」と「サブウェイ」と「タクシー」をミックスしたような作品。 とにかく突っ走り、揺れる乳のヨハンソンを観れるだけでも良い。 ルーシーがコンピューターと一体化してる部屋の外で、マフィアとポリスが必死に撃ち合っているシーンが、滑...


  • 2014

    9月

    12

  • ヤン・ヨンヒ監督 「かぞくのくに」(DVD)を観て。

    見落としてた作品。 監督がドキュメンタリー畑の方で、ご自分の実話を元にしてるだけあって、全編に緊張感が張りつめている。安藤サクラって、恐ろしい女優さんだ。強烈な印象を残す。藤山直美にも通ずるんではないかと思わせるぐらい、深い業を持っているように思えるし。出演してるだけで観てみたいと思ってしまう。(ふだんはあまり付き合いたくないけど) 医師役の人、本当の医者を使ってるのかと思ったら、役者さんだっ...

    ロマン・ポランスキー監督 「おとなのけんか」(DVD)を観て。

    戯曲かあ。これは舞台でやったら面白かったんだろうなあ。 それにしても、あのタイタニックのケイト・ウィンスレットにゲロを吐かせるか!それも華厳の滝のような!日本だったら、誰がやってくれるだろうか。大竹しのぶさんか。 OPとEDのタイトルロールに、子供の喧嘩と仲直りのシーンを被せているのがニクイ演出。そんなたいしたことないんだよね、当人たちは。大人になったら、虚栄とリベラルで気取ってるくせに、最後...


  • 2014

    9月

    10

  • テリー・ギリアム監督 「フィッシャー・キング」(CX)を観て。

    再見(確か試写会) アマンダ・プラマー。いいねえ、ショートカット美人で。 マーセデス・ルール。舞台出身かあ。やはり演技の土台がしっかりしてるよなあ、ワンカットも言動を見せない。叩き上げなんだなあ。 ジェフ・ブリッジス。この人ほど、もっと評価されるべき俳優なのではなかろうか。 そして、ロビン・ウィリアムズ。こういうブッ飛んだ、しかもセンシティブな役柄を演ずることによって、私生活も二極性の症状...


  • 2014

    9月

    07

  • ティム・バートン監督 「バットマン」(DVD)を観て。 

    再見。89年公開。もう25年前かあ。確か新宿に観に行ったよなあ。バットモービルや、あの艶消しブラックのコスチューム、かっ飛びクレイジーなジャック・ニコルソン、ゴッサム・シティの美術などに、鳥肌が立つ思いで観たのを覚えている。でも、今こうして部屋でゆっくり観ると、そうでもないよなあ。キム・べイシンガーもオッサン顔で、あんまり好みじゃないし。ストーリーも、「これからシリーズが始まりますよ」感が見え見え...


  • 2014

    9月

    04

  • スコット・クーパー監督 「クレイジーハート」(DVD)を観て。

    ジェフ・ブリッジス。男だねえ。輩だねえ。って、これ前に観たぞ。忘れてた。ボケたのか、俺。ああ、呑んだくれのミュージシャンかあ・・なんか身につまされる話だよなあ。ジーンがラストに会いに来れるのは、結婚してるからなんだよな。独身じゃあ、会いに来れねえんだよな。女性っちゅうのは!これがオスカー獲ったのは、よくわかる。カントリー好きだもんね、アメリカ人は。

    スコット・ジール監督 「エグジット・スピード」(TX)を観て。

    バック・トゥー・ザ・フューチャーのリー・トンプソン、さすがに老けたけど、才媛熟女のエロ気あり。バズーカ作りの親父がおかしかった。長距離バスに乗り合わせた人間達が、協力、反発しあう描き方は、短くって参考になる。エンディングの体制に反するハッピー感にもうなづける。ひまつぶしには良いアクション映画ってカンジ。


  • 2014

    9月

    03

  • クリント・イーストウッド監督 「トゥルークライム」(VHS)を観て。

    こんなのも撮ってたんだ。酒と女にだらしないけど、正義と真実を突き進む新聞記者。ピッタリじゃないか。69才の時か。イーストウッド。凄い肉体だよな。そりゃ、モテる設定になるよ。なるように鍛えてるんだろうけど。ラスト間近に出てくるおもちゃ屋の店員が、あのルーシー・リューなのを見つけて満足。

    豊田四郎監督 「駅前旅館」(DVD)を観て。

    再見。 森繁、伴淳、フランキーの三人。もう無敵だ。森繁と伴淳のお客勧誘合戦。こんなの、今の喜劇人で出来る人いるのか?淡島千景と淡路恵子に二股をかける森繁、ウマいねえ。天才だよな。 よく見れば、市原悦子さんや常田富士男さん、野村昭子さんなんかも出てるんだよな。



大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲