• TOP
  • 大倉順憲さんの日記
  • 2011年12月

  • 1-11/11

大倉順憲さんの日記

  • 2011

    12月

    27

  • 萩原健一映画祭 蜷川幸雄監督「魔性の夏~四谷怪談より~」(銀座シネパトス)を観て。

    う~ん。ショーケンはいつもの如くカッコよろしいんだけど、演劇的な絵と展開がしっくりこないなあ。演劇は演劇、映画は映画じゃないか。寺山修司の映画じゃあるまいし。ちょっと鼻につくなあ。痩せてた頃の石橋蓮司さんが良い。眉毛をつぶした小倉一郎さんが良い。端役で加藤善博さんが出てたのは知らなかった。目黒の公園のジャングルジムでクビをくくって自死した加藤さんだ。加藤さん、この頃は死ぬなんて考えもしてなかったろ...

    萩原健一映画祭 神代辰巳監督「恋文」(銀座シネパトス)を観て。

    25年ぶりに観た。美術の先生役のショーケンが、部屋の窓にマニキュアで絵を描くシーンに感化されて、当時住んでた沼袋のアパートの窓に水彩画を描いたっけ。とにかくこの頃のショーケンは、天才的な感性のカタマリのようだ。めちゃめちゃ良い。今、50近くになって観ると、高橋恵子と倍賞美津子の間を揺れ動く男の気持ちがよく分かる。男は勝手な生き物だ。こんな理解ある女性(しかも美人!)の狭間でもがき苦しむ(いや、ショ...


  • 2011

    12月

    19

  • 五社英雄監督「薄化粧」(DVD)を観て。

    欲望の誘惑にかられるままに酒と女に溺れ、金を遣い、妻子まで殺してしまった男の逃亡劇。 彼にシンパシーを感じてしまう自分が怖い。犯人を執拗に追いかける川谷拓三さんの抑えた芝居が心を打つ。緒形拳さんを立てているのか?生前の川谷さん家を訪れた時、壁に「王将」「緒形拳 川谷拓三 三谷昇」と毛筆書きの半紙が貼ってあった。緒形さんの趣味である書の影響を受け、書き始めてたらしい。坂田三吉の役は緒形さんだったの...


  • 2011

    12月

    04

  • 羽住英一郎監督「ワイルド7」(試写)を観て。

    少年キングに連載されていた「ワイルド7」。35、6年前だろうか。テレビドラマ(実写)で放映されていて観ていたことがあった。テーマミュージックの「ワイルド7~♪」というサビの部分だけはよく覚えている。黒の皮ジャンにバイク。バイクに乗ること自体が、ややアナーキーなイメージがあった頃だ。皮ジャンも不良と呼ばれる人達しか着られない世の中だったと思う。主演は小野進也。(最近あまり観ないけど、商売変えをされた...


  • 1-11/11

大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲