• TOP
  • 大倉順憲さんの日記
  • 2014年06月


大倉順憲さんの日記

  • 2014

    6月

    30

  • 白石和彌監督 「凶悪」(DVD)を観て。

    さすが、若松監督の弟子。キャスティングが絶妙だ。メインの配役は良いとして、北関東のヤクザ、ヤクザの女、電気屋、などなど、「ああ、こういう顔付きだろうなあ」という役者揃い。ピエールの情婦は、松岡依都美っていうんだ。電気屋は廣末哲万…って、映画監督じゃないか。良いなあ。こういう俳優さん。ジジイ役、どこかで見たツラだと思ったら、ワハハのジジぶうかあ。これも良い。それとチンピラの女で、レイプされて殺される...

    話芸集団ぷれさんぽうず 「夏の会」(しもきた空間リバティ)を観て。 

    近藤サト「カラマーゾフの兄弟」ドストエフスキー作。朗読。 開口一番「こんにちは」と客席に投げかけただけで、距離感を一気に縮めた。落語の枕のようだ。さすが、うまいぞ。サトさん。何人もの役柄を声色を使い分けて演じる。う~ん。まさに話芸だ。


  • 2014

    6月

    28

  • 中島哲也監督  「渇き。」(渋谷TOHO)を観て。

    公開初日。役所さんの圧倒的な演技にうなるばかりなのだが、2時間たっぷりはちょいとお腹イッパイ過ぎた。この頃、グログロな映像ばかりの映画は流行りなのか。しかし、ラストで「俺がこの手で殺してやる」と雪を掘り続ける姿には、爽快ささえ感じたけど。凄いね役所さん。 受付で「18時からの開演前に舞台挨拶があるというので、必ず10分前には入場してください」と言われたのに、MCの女性が出てきたのが、18時10分...

    園子温監督 「恋の罪」(DVD)を観て。

    今さらだけど観た。う~ん。女優さんっていうのは大変だなあ。脱いで、あえいで、叫びまくって。「ありのまま」をさらけ出すのが演技のひとつだとは思うけど、こういうふうに全編「ありのまま」の業を出されると開き直り、いや居直りされてるように感じる。ちょっとトゥー・マッチ。「冷たい熱帯魚」で、もういいんじゃないか。「東電OL事件」の面白い解釈だとは思うけど。


  • 2014

    6月

    24

  • ブラッド・シルバーリング監督 「素敵な人生のはじめ方」(NTV)を観て。

    モーガン・フリーマン製作・主演。82分、しかも低予算(たぶん)で、こんなに良い作品を作れるんだ!長尺の映画が多くなってきた昨今だけに、驚いた。凝縮された脚本と構成。人間と芝居が大好きなんだなあというのが、ひしひしと伝わってくるモーガン・フリーマン。スカーレット役のバス・ベガ(「トーク・トゥー・ハー」に出てたらしいけど、覚えがない)は、これを機に、弾けて欲しい。原題の「10 ITEMS OR LES...


  • 2014

    6月

    13

  • ジョン・カサヴェテス監督 「アメリカの影」(VHS)を観て。

     即興演出かあ。勝新、北野武の根源となるわけだな。乱闘シーン以外は、そうは見えないところが多いのだけど、生々しさは残っている。カメラワークがあるから、何度かリハがあったのだろう。この頃はダルデンヌ兄弟の様にワンカットじゃ無理だったのか。ラストの寂しい背中に、チャールズ・ミンガスの即興音楽が映える。  人種差別に関しては、苦い思い出がある。20代中頃、池袋の回転寿司屋でのことだ。寿司職人が黒人だっ...


  • 2014

    6月

    06

  • ロン・ハワード監督 「ビューティフル・マインド」(VHS)を観て。

    「女優フランシス」だっけ。ジェシカ・ラングの。あれも総合失調症になった女優が、ロボトミー手術を受けて、平凡な女になってしまうという話だったと思うが。確か。  やや、オーバーアクト気味のラッセル・クロウがちょうど良い。でも、あのマスキュラス過ぎる肉体の存在意味が無かったなあ。痩せられなかったのか。いつ見ても美しい、ジェニファー・コネリー様!あなたには何も申しません。スクリーンに映ってくださるだけで...



大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲