• TOP
  • 大倉順憲さんの日記
  • 2013年04月

  • 1-8/8

大倉順憲さんの日記

  • 2013

    4月

    29

  • ジャン=ピエール・ダルデンヌ 、 リュック・ダルデンヌ 監督  「ある子供」(DVD)を観て。

     これにも圧倒された。どうやって撮ってんだろうか。芝居っぽいところが、どこにも見られない。本当、ドキュメンタリーのようだ(何度も書くけど)。子供を売ったことを告白するシーン。缶ジュースを掛けあってフザケルシーン。子分が屁をこいて笑うとこ。子分とひったくりをやって、池に隠れる場面、ラストの面会場での涙…どこも秀逸。恐るべしダルデンヌ兄弟。  そういえば、こんなすさんだ生活を送っていたことがあったっ...


  • 2013

    4月

    23

  • ジャン=ピエール・ダルデンヌ 、 リュック・ダルデンヌ 監督 「ロゼッタ」(DVD)を観て。

     またブッたまげたぞ。これ、ドキュメンタリーじゃないよね。役者が芝居してんだよね。凄い!どうやって撮ってんだ。ロゼッタ役の女優、スゴイスゴイぞ。池に落っこちるシーン、あれは本当に台本通りの芝居なのかね。おもわず身を乗り出して助けてやろうかと思った。DVDなのに。逆に、彼氏(?)が池に落っこちてしまうシーンは、彼女のアップ。うまい!恐るべし。ダルデンヌ兄弟。  ただ、ジャン・ジャック・べネックスに...

    オリバー・ストーン監督 「ウォール街」(NTV)を観て。

     87年公開かあ。バブル真っ只中だったんだなあ。確か新宿コマ近辺の映画館で観た覚えがある。マイケル・ダグラス、マーチン・シーン、えっ!いぶし銀の“コレクター”テレンス・スタンプも40代だったんだ、この頃。今の俺より年下かあ。こんな渋い芝居出来ネエよ、今の俺には。やはりビンボーが長いと、スーツと金持ちの役は難しいよな。  それにしても、チャーリー・シーンやマイケル・ダグラスの部屋の装飾と装飾品がダ...


  • 2013

    4月

    22

  • ジャン=ピエール・ダルデンヌ 、 リュック・ダルデンヌ 監督 「息子のまなざし」(DVD)を観て。

     しまった。こんなに緊張感あふれる…どころか、緊張感だらけの作品を見落としていたなんて。まだまだ映画通にはなれんぞ。冒頭のタイトル・ロールが無音。なんだこの緊迫した雰囲気は。ドキュメンタリータッチで進んでいくのだが、主人公が何故慌ててるのか、走っているのか、さっぱりわからない。普通の作品だったらここでもう、監督ひとりよがりの思いが強すぎて飽きてしまうのだが、ますます膨らむ話の展開への期待とスリル。...

    THE COLLECTORS TOUR 2013 MOD TONE(新木場 スタジオ・コースト )を観て。

     コレクターズ。確か15年位前に新宿リキッドルームで観たのが初参戦。先月のクアトロ。そして今回で3回目。レコ発ツアーのファイナルだ。観るたびにロックンローラーとしての円熟度が高くなる。構成のリズムが同世代だけに、ちょうど良い。加藤さんとコータローさんの掛け合いMCが冴える。(ツアーで同じトークをやってたのだろうか?完成度がすこぶる高い。まさにネタ!)アンコールの「おひねりチューインガム」と「皆でフ...


  • 2013

    4月

    18

  • 青山真治監督 「ユリイカ」(VHS)を観て。

     死と再生。後半は、ロードムービーかあ。3時間半という長尺があっという間だった。光石研さん、イイなあ。ガッチリチャンネル入ってるなあ。ちょこっと出てる尾野真千子もイイ。青山真治監督作品、今迄見逃してたけど、これはいかん。全部観るぞ。ただ、宮崎あおいの役名が前妻と同じだったので、何故かノスタルジーを感じてしまうところがあった。なんだオレ。今だに未練があったのか。あてもないひとり旅に出たくなった。


  • 2013

    4月

    08

  • 森淳一監督 「重力ピエロ」(DVD)を観て。

    伊坂幸太郎原作。緻密なホン(原作)だなあ…。よくもこんなことが頭に浮かぶよなあ。ただ、この映画は原作(読んでないけど)をかなり端折っているんではないか。そこら辺がイマイチだった。加瀬亮。一昔前だったら、映画の主役をハル顔立ちじゃないよな。でも、こういうのがいいんだよな。彼は、よかった。特に疾走シーン。小日向さんもいいぞ。ギリギリなんだけど押さえた演技がとても伝わってきた。


  • 1-8/8

大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲