• TOP
  • 大倉順憲さんの日記
  • 2011年11月

  • 1-3/3

大倉順憲さんの日記

  • 2011

    11月

    26

  • 成島出監督「八日目の蝉」を観て。

    秀作。小池栄子が案外良い。少し猫背にしたり、たどたどしく喋ったりするのが鼻につく場面もあったが。「悪人」もそうだが、善悪とは何か?を考えさせられた。(子どもを誘拐するなんて悪いに決まってるのだけど)成島監督の他の作品も観たくなったきた。


  • 2011

    11月

    06

  • 太田省吾原作/キム・アラ演出「砂の駅」(世田谷パブリック・シアター)

     無言劇というのを一度観てみたかった。20年ほど前に、大杉漣さんから昔の転形劇場のことを聞いてはいたけど。再演するとは思ってもみなかった。この雑多で無駄な音ばかりがありふれている今だからこそ、あえてやったのか。いやとても新鮮だった。大杉さんが途中、口笛を吹くシーンが沁みた。初老の男性と、女性がブラジャーを外して蝶の様に舞わせて遊ぶ姿には、心の中で爆笑した。セリフ(言葉)なんて要らないのだ。そこに存...


  • 2011

    11月

    02

  • ザック・ブラフ監督「終わりで始まりの4日間」(NTV)を観て。

     脚本、監督、主演をひとりでやってしまう奴は、「恥知らず」と云っていいと思っていたけど、これは出色の出来栄えだった。ザック・ブラフ、知らなかったぞ。ナタリー・ポートマンも良い。これが「ブラック・スワン」へとなっていくのか。大女優の片鱗さえ見えるぞ。これは、もういちど映画館で観てみたい。下高井戸シネマあたりでやってくんないか。


  • 1-3/3

大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲