• TOP
  • 大倉順憲さんの日記
  • 2012年10月

  • 1-5/5

大倉順憲さんの日記

  • 2012

    10月

    20

  • 渡辺正悟監督 『駄作の中にだけ俺がいる』を観て。クロスレビュー

    1960年代後半のこと。僕の先輩俳優Sさんが、寺山修司氏に食事に誘われたことがあったという。場所は、ニューヨークのレストランだ。当時、貧乏俳優だったSさんは、当然寺山氏にゴチソウしてもらえると思い、腹一杯食べたら、突然寺山氏から「おい、逃げるぞ」と耳打ち。猛然とダッシュ。Sさんも、ニューヨークの街を全力で駆け抜けたそうだ。寺山氏にとっては、それも日常の“演劇”であり“アート”だったのだろう。日常...


  • 2012

    10月

    09

  • 北野武監督「アウトレイジ ビヨンド」(新宿ピカデリー)を観て。

     前作と比べて、暴力と痛みは“野球”のシーン以外、あまり語られてなかった。何か物足りなさを感じる。復活して帰ってくる男が、北野武だからか?一番オイシイところを持っていったからか?加瀬亮のブッチギレタ演技、中野英雄のショボクレヤクザが凄みを出していく姿が印象に残る。セリフの無い高橋克典が、いかにもセリフの無いという演技をしているのが気になる。端々にまで中堅どころの役者さんたちを使っているせいなのか、...


  • 1-5/5

大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲