2017-12-23

スティーブン・クォーレ監督 「ネイビーシールズ~ナチスの金塊を奪還せよ!~」(中野ZEROホール試写)を観て。 このエントリーを含むはてなブックマーク 

リュック・ベッソン原案・脚本とあったので観たが、おーい!あの「サブウェイ」「グラン・ブルー」「ニキータ」という地下3部作(俺が勝手に名付けたんだけど)のテイストは、どこ行った?なんだか大味なハリウッド映画って感じだったよなあ。このオッサン、「ニキータ」のアンヌ・パリローだけじゃなく、マイウェン、おまけにパツキンの女神ミラ・ジョヴォヴィッチさままで嫁にしてやがる。なんてヤツだ!監督とかPってモテるんだよなあ。しがないモノカキは冴えないのである。チェッ。

キーワード:


コメント(0)


大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲