イベント

ダンス/舞踏

投稿者:SPAC


5月

03

5月

04

ふじのくに⇄せかい演劇祭2018 シミュレイクラム/私の幻影

フラメンコ界のレジェンド小島章司と、抜群の身体性を持つコンテンポラリーダンサー、ダニエル・プロイエット。雄弁な身体で紡ぎだされる二人のライフヒストリー。

  • 日程
    2018年05月03日 ~ 2018年05月04日

  • 時間
    12:30

  • 会場
    静岡芸術劇場

演出・振付:アラン・ルシアン・オイエン
歌舞伎舞踊振付/音楽『Natsue』:藤間勘十郎
出演・振付:小島章司、ダニエル・プロイエット

フラメンコ界のレジェンド、小島章司の軌跡と交差する新しい才能
78歳となった今も圧倒的なエネルギーを放ち続ける小島章司と、抜群の身体性を持つアルゼンチン出身のコンテンポラリーダンサー、ダニエル・プロイエット。小島は日本から単身スペインに渡りフラメンコを極め、かたやヨーロッパの一線で活躍するプロイエットは日本で女形の歌舞伎舞踊を習得する。二人がたどったダンスの軌跡、そして「シミュレーション=模倣」から生まれる踊りの真実性が、観る者のアイデンティティーや記憶にも深い問いを投げかける。演出は、今年6月にピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団で新作を手掛けるノルウェーの新鋭、アラン・ルシアン・オイエン。静謐な美と饒舌な光のなかで、小島というカリスマの身体がひときわ輝きを放つ。

レビュー(0)


コメント(0)


月別イベント