イベント

6月

18

6月

28

米田拓朗写真展「石の国」

本展で発表される写真は、笛吹川をはじめとする山梨県内の川や道々に転がっている石です。

  • 日程
    2019年06月18日 ~ 2019年06月28日

  • 時間
    12:00

  • 会場
    photographers' gallery

 四方を山で囲まれた甲府盆地に流れる笛吹川は、夏には豊かな流れが川筋を大きく変化させ、大小さまざまな石を運んできます。そして冬に野焼きが行なわれることもあり、生い茂る草や水流に覆われていた石が姿を現します。川底に沈んでいたり、土になか埋もれていたり、川岸に打ち上げられていたりと、その姿かたちはさまざまです。
 本展で発表される写真は、そうした笛吹川をはじめとする山梨県内の川や道々に転がっている石です。これらの石はみな、とりわけ特徴的な形をもつわけでもなく、何の変哲もないものばかりです。
川の石は、どこから流されてきたのかも、そしてどのようにして今ある形になったのかも定かでありません。また道々の石も、どういったいきさつでそこに転がっているか分からないもばかりです。米田が撮影する石はどれも、元をただすことが叶わず、まるで過去もしくは未来から唐突に目の前に届いたかのような、不思議な存在感を放っています。
*展示内容/インクジェットプリント、約 20 点

▼米田拓朗 YONEDA Takuro 略歴
1979年、大阪府生まれ。早稲田大学卒業。
2006年、photographers’ galleryに参加。photographers’ galleryで 、ギャラリー運営ほか、機関誌編集・発行など、多岐にわたる活動に携わる。個展に、「Summer Study」「笛吹川」(2012年、KULA PHOTO GALLERY、東京)、「Fuefuki Channels」(2014年、photographers’ gallery)、「石の国」(2018年、photographers’ gallery)など。グループ展に、「VOCA展2017」(2017年、上野森美術館)など。展覧会詳細など、https://www.pg-web.net/members/takuro-yoneda/をご参照ください。

◎『丸石拾遺集』刊行のお知らせ
本展にあわせて、笛吹川流域に多数見られる丸石神100基を撮影した『丸石拾遺集』を刊行いたします。「丸石神」は丸い石を祀った石造物で、日本の中でも山梨県内に集中的に見られるものです。古くから民間信仰の対象とされ、 集落の境や辻、神社の境内や民家の庭先などに据え置かれており、その数は700以上と言われています。丸石の大きさは、握り拳ほどのものから直径1mほどのものまで様々で、ぽつりとただ1つ置かれているものもあれば、数十個が積み重なって置かれているものもあります。多くは道祖神として祀られていますが、屋敷神として祀られているものや、供物のようにして置かれているものもあり、起源や来歴は定かでありません。誰とも知れぬ人たちが、どこからとも知れず持ち寄った丸石の姿は、現在とは異なる時間からの届き物のような、不思議な魅力に溢れています。
米田は笛吹川流域を中心に丸石神を探し歩き、650基余りを撮影しました。『丸石拾遺集』には、そのうち100基を収録したポストカード100枚が、丸石神についてのテキストを収めた小冊子と、丸石神の分布を記録した地図とともに、特製函に収められています。
◎米田拓朗『丸石拾遺集』 カード100枚+地図+小冊子/特製函
142x190x40mm(カード:100x148mm) 予価:3,600円+税 発行:KULA

キーワード:

写真 / 展覧会 / 写真展


レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼

月別イベント