• TOP
  • 朗読者さんの日記
  • 2017年03月

  • 1-7/7

朗読者さんの日記

  • 2017

    3月

    26

  • クラナハと最初の人類

    今回の題材、星新一氏が書いた「最後の地球人」は、旧約聖書をモチーフの1つにしています。 旧約聖書自体はあくまでユダヤ教やキリスト教の正典ですが、“聖書”という単語だけを取り出せば、それは色々な意味をになうことができます。 奈佐健臣『佇む朗読者日記』20170324 【Update】僕にとっての聖書 ▼       https://roudokusha.blogspot.jp/p/blog...


  • 2017

    3月

    25

  • 「最後の地球人」リーフレット配布 @浅草2

    赤坂・表参道・銀座に引き続き (饗宴ロウドクシャFB頁 「リーフレット配布@赤坂・表参道・銀座篇」をご参照ください> https://roudokusha.blogspot.jp/2017/03/blog-post.html )、再び浅草へリーフレットの配布に行って参りました。         ■「空想カフェ」さまにリーフレットを置いていただきました ■ 浅草の奥、静かな場所にある...


  • 2017

    3月

    23

  • 2015年開催の響宴ロウドクシャ1・イベントレポート

    2017年4月9日 饗宴ロウドクシャ4「最後の地球人」詳細▼ https://roudokusha.blogspot.jp/2017/03/494.html 開催を前に、饗宴ロウドクシャがどんなイベントなのかその雰囲気をお伝えするべく、第1回のイベントレポートを再掲します。 ****************** 饗宴ロウドクシャ案内人、茶谷ムジです。  「五感のアステカー生...


  • 2017

    3月

    20

  • リーフレット配布 @赤坂・表参道・銀座

    浅草に引き続き (饗宴ロウドクシャFB頁 「リーフレット配布@浅草篇」をご参照ください>https://roudokusha.blogspot.jp/2017/03/blog-post_16.html)、赤坂・表参道・銀座へもリーフレットの配布に行って参りました。              ▼浅草からの花街つながりで、まずは赤坂へ。 赤坂はもともとは茜坂と呼ばれていたそうです。赤坂の赤...


  • 2017

    3月

    18

  • 地球に終末の時がくる かもしれない

    4月9日(日)開催の饗宴ロウドクシャ「最後の地球人」 ーこれは星版黙示録か、あるいは創世記ー 作品の中では、ショートショートの神様、星新一が描いた地球人の最後が描かれています。 人類の最後を思い浮かべたことはあるでしょうか? そこにあなたはいらっしゃるでしょうか? 今も昔も、人々は終末を恐れ、惹かれ、想像を掻き立てられてきました。 例えばこんな映画。 ●博士の異常...


  • 2017

    3月

    17

  • 「最後の地球人」リーフレット配布@浅草

    こんばんは、饗宴ロウドクシャ案内人です。 饗宴ロウドクシャvol.4「最後の地球人」   ーそれは星版黙示録か、あるいは創世記ー 2017.4.9. ご案内が完成しておりますので、順次、あらゆる街、お店、人へ向けて配布させていただきます。 「最後の地球人」リーフレット 星新一「最後の地球人」では、人類が様々な執着を失っていく様子が描かれます。「欲」があるからこそ、人は工夫し、...


  • 2017

    3月

    11

  • 饗宴ロウドクシャ4『最後の地球人』

    4月9日開催~未来と終末が渦巻く文学エンターテインメント! ****************************** ブンガク作品を手がかりに、演劇的朗読・小説ごはん・文化トークセッションを一度に楽しめる刺激的企画「饗宴ロウドクシャ」を、2017年4月9日(日)、EDITORY神保町2Fにて開催します! 4回目となる今回のキーワードは“未来”。 星新一「最後の地球人」を糸口...


  • 1-7/7

朗読者

ゲストブロガー

朗読者

“文字の四次元化を目指しています。”