イベント

8月

04

いろんな道具で描く、どこまでも長く、ずっと続く絵

夏のこどもワークショップ

  • 日程
    2019年08月04日

  • 時間
    10:30

  • 会場
    トーキョーアーツアンドスペースレジデンシー

日時:2019年8月4日(日)
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーアーツアンドスペース
会場:トーキョーアーツアンドスペースレジデンシー
アーティスト:野原万里絵

墨田区の街の形の型紙を組み合わせて、
みんなでオリジナルの新しい街の風景を描きます!

夏休みの教育普及プログラム「夏のこどもワークショップ」。今年はアーティストの野原万里絵さんを講師に迎えます。
会場のTOKASレジデンシーがある墨田区をリサーチして野原さんのみつけた街のいろいろな形の型や道具をつかって顔料*で絵を描きます。形が組み合わさってできる絵ってどんな絵なんだろう?
こどもたちがアーティストと一緒にひとつの作品を作り上げる楽しさを学ぶ機会です!
*顔料・・粉末の絵具

日時:
2019年8月4日(日) 午前の部 10:30 - 12:30 / 午後の部 14:30 - 16:30
[ワークショップ作品展示:8月6日(火)~8月13日(火)11:00-18:00 土日祝休]
対象:小学生以上(大人も歓迎)
定員:各回15名
参加費:無料 
持ち物:飲み物、タオル、着替え(汚れても良い服)、マスク 
申込方法:事前予約制・先着順 [申込開始日:7月8日(月)]
会場:トーキョーアーツアンドスペースレジデンシー
130-0023 東京都墨田区立川2-14-7-1F
http://www.tokyoartsandspace.jp/access/index.html

【申込方法】※申込開始日:7月8日(月)/申込締切日:8月1日(木)18:00
件名を「夏のこどもワークショップ参加」とし、本文に①~⑥を明記のうえ、E-mailにてお申込ください。お電話での申込も可能です。

 ①氏名(漢字とふりがな)
 ②年齢、学年
 ③電話番号
 ④メールアドレス
 ⑤保護者氏名
 ⑥参加希望回(午前の部/午後の部)

申込受付後、確認のメールを送信しますので、上記メールアドレスの受信設定をお願いいたします。ご質問もこちらにお問合せください。

問合せ・申込先:
トーキョーアーツアンドスペース
夏のこどもワークショップ係
135-0022 東京都江東区三好4-1-1 東京都現代美術館
TEL:03-5245-1142 ※平日のみ(10:00-18:00)
E-mail:workshop2019[at]tokyoartsandspace.jp ([at]を@に代えてください)
※ご質問もこちらにお送りください。
※ワークショップ当日は、会場のトーキョーアーツアンドスペースレジデンシー(03-5625-4433)までお問合せください。

注意事項:
・顔料を使用して絵を描きます。粉が舞うためマスクと手袋(ゴム製)を着用しての作業となります。
・マスクや手袋はこちらで準備します。サイズやお子様のお気に入りのものがございましたらご持参ください。
・道具の一つとして食パンを使用します。アレルギーなどございましたら申込時にお申し出ください。

プロフィール:野原万里絵(アーティスト)
1987年大阪府生まれ。2013年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了。
人や街などの形をリサーチし、作為的な型を制作、その型紙で偶然性のある絵を描く。
「見たことのない、絵を描く道具をつくる2日間」「ふしぎな道具で絵を描く1日」(ゆいぽーと、2019)、「炭とパンで絵を描こう for キッズ」(神戸アートビレッジセンター、2018)、「パンと炭で巨大壁画に挑戦!」(川口市立アートギャラリーアトリア、2016)などワークショップを開催している。

キーワード:

ワークショップ / アート / こども


レビュー(0)


関連骰子の眼

月別イベント