イベント

6月

15

6月

23

萌木ひろみ 個展 【卍】

~あんた、こんな綺麗な体やのんに、なんで今迄隠してたん~

  • 日程
    2019年06月15日 ~ 2019年06月23日

  • 時間
    12:00

  • 会場
    みうらじろうギャラリーbis

TEAM-TAN 企画

萌木ひろみ 個展 【卍】

~あんた、こんな綺麗な体やのんに、なんで今迄隠してたん~

【開催期間】 2019.6.15(土) -23(日)、17、18休廊、12:00-19:00(最終日は17:00まで)(8日間開催)
   作家在廊予定 6.15(土)、16(日)

【開催会場】 みうらじろうギャラリーbis

両性愛、三角関係、嘘、嫉妬がおりなすスリリングな『卍』模様の倒錯的な愛。
谷崎潤一郎の文学に描かれる複雑な人間模様とフェチズム。
その文学にリスペクトし独自の解釈で描かれた耽美主義的二次元表現の極み。

この度、東京では2年ぶりとなる、幻想美術家『萌木ひろみ』の個展を開催いたします。
今展では、萌木が近年メインテーマとしている、文豪「谷崎潤一郎」の文学世界をインスパイアした作品を中心に、「和」を基調とした耽美主義的表現を展開していきます。
萌木は、自らの内に秘めた情念や、心の傷跡を作品に込め、赤裸々に描き出して来ましたが、谷崎の世界観と融合することで、その端麗で豪奢な表現を取り込み、より進化し、より耽美な世界を繰り広げながら、観念的美を追求しています。
そんな、萌木ひろみの進化の過程の一端を垣間見て頂きたく思います。

【イベントURL】 https://www.facebook.com/events/368566470460990/

【作家紹介】萌木 ひろみ (MOEGI Hiromi)
大阪府出身、大阪府在住。
京都嵯峨芸術大学芸術学部造形学科版画分野中退
兵庫県立ピッコロ舞台技術学校舞台美術科卒
主にアクリル画。その他にペン画やモノタイプ版画で制作

■ステートメント
内に秘めた情念や心の傷跡を込め、赤裸々に描き出しながら、近年では敬愛して止まない文豪「谷崎潤一郎」の、文学世界からインスパイアされた作品を中心に展開し、その端麗で豪奢な表現を取り込み、より耽美な世界を繰り広げている。

■主な個展
2012年 【私の中のあの子の中の少女】(乙画廊/大阪)
2013年 【さようなら、おかえりなさい】(アートスペース亜蛮人/大阪)
2014年 【TSUKIMONO】(乙画廊/大阪)
【けものがれ】(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)
2015年 【生体と標本と】(The Artcomplex Center of Tokyo /東京)
【生体と標本と】巡回(乙画廊/大阪)
2016年 【-痴人たちの愛-】(乙画廊/大阪)
2017年 【-痴人たちの愛-】(巡回)(The Artcomplex Center of Tokyo /東京)
2018年 【こんにちは、初めまして。】(Artist Promotion Gallery Freestyle/横浜)
【痴人たちの愛~beyond~】(乙画廊/大阪)

■主なアートフェア
2013年 【ACT ART COM Art & -Design Fair 2013】(美樂舎、The Artcomplex Center of Tokyo /東京)
【Freelance Art Directors’ Fair 2013】(TEAM-TAN、The Artcomplex Center of Tokyo /東京)
2014年 【Freelance Art Directors’ Fair 2014】(TEAM-TAN、The Artcomplex Center of Tokyo /東京)

その他、グループ展やイベントを中心に展示多数。

■主な受賞
2018年 日本版画協会 第86回版画展 入選

【開催会場】みうらじろうギャラリーbis
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル3階
・東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅下車、3番出口より徒歩2分(170m)
・東京メトロ銀座線「三越前」駅下車、A9出口より徒歩8分(600m)
・JR総武本線「新日本橋」駅下車、改札を出て5番出口を経由し、徒歩6分(470m)
・都営新宿線「馬喰横山」駅下車、A1出口より徒歩8分(600m)
・都営浅草線「人形町」駅下車、A5出口より徒歩9分(670m)
TEL 03-6661-7687 / FAX 03-6661-7690
http://www.jiromiuragallery.com/index.html

【企画・主催】TEAM-TAN

レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼

月別イベント