イベント

3月

24

終了舞台公演シリーズVOL.64 韓国サダリ・ムーブメント・ラボラトリー公演 「ヴォイツェク」

国際的に有名なエジンバラ・フリンジ・演劇祭(英国)で数々の賞を総なめにし世界各地の芸術祭で大絶賛されている作品、高知単独招聘公演です。

  • 日程
    2011年03月24日

  • 時間
    19:00

  • 会場
    高知県立美術館ホール

韓国のサダリ・ムーブメント・ラボラトリー独自の力強い身体表現による舞台芸術公演。
唯一の小道具である木製の椅子で登場人物の心情や情景を表現し、現代タンゴの巨匠アストル・ピアソラによる力強いタンゴの音や繊細な照明が独創的な舞台空間を創り出します。

日程:2011年3月24日(木)
開場:18:30 開演:19:00 (上演時間70分/日本語字幕付)
会場:高知県立美術館ホール
入場料:前売2000円 当日2500円 (PG-13 13歳未満のお客様は保護者同伴。)
前売券発売所:高知県立美術館ミュージアムショップ/高新プレイガイド/高知市文化プラザミュージアムショップ/高知大丸プレイガイド/ローソンチケット(Lコード62977)
問合せ:高知県立美術館 TEL:088-866-8000

<プロフィール>
サダリ・ムーブメント・ラボラトリーは、パリのレコル・インターナショナル・ドゥ・シアター・ジャッカス・ルコックで学んだ後、言葉を使わずに身体で表現する劇団を旗揚げするため帰国した演出家イム・ドワンにより、1998年に創設される。同カンパニーでは、全メンバーがジャッカス・ルコックのメソッドを学ぶと同時に、韓国の伝統的な舞踏を習得することで、作品の様々な可能性を引き出している。また、物語を台詞や慣習に頼るのではなく、身体能力を強調する限られた空間と力強いリズムで表現することにより、登場人物の心理をより鮮明に表わしている。同カンパニーは、実験的なスタイルを追求することで、国内外の観客へ向けて、新しい演劇様式を提供している。

<主な受賞歴>2007年エジンバラ・フリンジ・フェスティバルにて、トータル・シアター賞、ヘラルド・エンジェル賞受賞。第47回ドンア・シアター・アワードにおいてニュー・コンセプチュアル・シアター賞受賞など

動画はこちら。http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/

レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼

月別イベント