イベント

映画

投稿者:npokokoro


8月

05

8/5(月)「ハトは泣いている-時代(とき)の肖像」上映&ディスカッション

好評のシリーズ第4弾「ドイツの"記憶の文化"を考える」。映画を通して、負の記憶、表現の自由、私たちが生きる社会について考えてみませんか

  • 日程
    2019年08月05日

  • 時間
    14:00

  • 会場
    学習院大学 (北2号館10階 大会議室)

現代のドイツでナチ時代の歴史と向き合う人々の姿は、日本でも高い関心を集めてきました。この度、映画『ハトは泣いている-時代(とき)の肖像』を題材にして、ドイツの”記憶の文化”を考える会を開催します。芸術家や市民が表現の自由の意味を問い模索する姿、それがドイツでどのように受け入れられたかなどを通して、負の記憶や表現の自由、私たちが生きる社会について一緒に思いをめぐらせてみませんか。

●日時
2019年8月5日(月) 午後2時~5時(午後1時30分開場)

●内容
映画「ハトは泣いている - 時代(とき)の肖像」(123分)
ディスカッション

●ゲスト
『忘却に抵抗するドイツ』著者・岡裕人さん

●定員
50名。申込が必要です。

●申込方法
下記のホームページからお申込みください。
https://www.npokokoro.com/20190805

●参加費
無料

●主催
学習院大学文学部ドイツ語圏文化学科

●共催
学習院大学文学会、NPO法人ホロコースト教育資料センター

●問い合わせ先
NPO法人ホロコースト教育資料センター
Email : info(at)npokokoro.com

レビュー(0)


関連骰子の眼

月別イベント