イベント

6月

23

参加型公開ミーティング「顔会議」

2020年に誰かの顔を浮かべるプロジェクト「まさゆめ」顔会議

  • 日程
    2019年06月23日

  • 時間
    11:30

  • 会場
    SHIBAURA HOUSE 1F[リビング/LIVING]

Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募採択事業である“まさゆめ”は、
「実在する一人の顔」を2020年夏の東京の空に浮かべるプロジェクトです。

各地の国際芸術祭で話題をさらってきた現代アートチーム目 / [mé]、
そのアーティストである荒神明香が中学生のときに見た夢に着想を得ています。
実際に顔が浮かぶ日に向けて、多くの人々の体験や記憶に結びつきながら、プロジェクトの意味、本質を共有していきます。

この度、集まった顔の中から、2020年東京の空に浮かべる顔を選ぶための手がかりを探る参加型公開ミーティング「顔会議」を開催いたします。
目のメンバーをはじめ、ゲストや参加者を交えて様々な立場から意見やアイデアを出し合うことで、プロジェクトの意味や本質が共有される場を目指します。

「顔会議」開催概要
◆ スケジュール 
2019年6月23日(日)  
※ プログラムの内容は予告なく変更になる可能性があります

◆ 登壇者 原島 博(東京大学特任教授、日本顔学会役員)、宮脇周作(法廷画家)、荒神明香(目 / [mé] アーティスト)、南川憲二(目 / [mé] ディレクター)、増井宏文(目 / [mé] インストーラー)

◆ 会場 SHIBAURA HOUSE 1F[リビング/LIVING](〒108-0023 東京都港区芝浦3-15-4) 
※JR田町駅芝浦口より徒歩7分、都営三田線・浅草線 三田駅A4出口より徒歩10分
※駐車場のご用意はございませんのでご了承ください

◆ 参加費 無料

◆ 定員 50名(事前申込制、先着順)

◆ タイムテーブル

11:30〜13:00:顔収集ワークショップ
会場内にてスタッフが顔を撮影し、その場でご応募いただけます。

[ 第一部 ]*事前予約制
12:30〜:受付開始
13:00〜14:30: プレゼンテーション

「まさゆめ」について目から説明したのち、さまざまな専門性を有するゲストより2020年東京の空に浮かぶべき「顔」の提案が行われます。
14:30〜15:00:クロストーク
ゲストの提案を踏まえて、目とゲストが[第二部]につづく議論を深めていきます。

15:00〜16:00 :顔収集ワークショップ
 会場内にてスタッフが顔を撮影し、その場でご応募いただけます。

[ 第二部 ]*事前予約制
15:30〜 :受付開始
16:00〜19:00: ディスカッション
目、ゲスト、来場者、オンライン参加者全員で、「2020年 東京の空に浮かぶべき顔」について徹底的に議論します。

◆ お申込み 専用フォーム(https://masayume-meeting1.peatix.com/view)よりお申込みください
※第一部、第二部のみの参加も可能
※キャンセルの際は前日までに事務局までお知らせくださいますようお願い申し上げます
※お申込み〆切:6月22日(土) 23:59

主催:東京都、 アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
企画:目 / [mé](合同会社マウスプラストゥ)  協力:P3 art and environment

レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼

月別イベント