イベント

音楽

投稿者:菊地良博


4月

06

Talibam! Japan Tour 2019 仙台公演

前衛ジャズの名門ESP-DISKからもリリースするバンド、TALIBAM! がついに来日!仙台は4月6日土曜日!

  • 日程
    2019年04月06日

  • 時間
    17:30

  • 会場
    Gallery TURNAROUND

TALIBAM! がついに(初)来日!

Talibam! Japan Tour 2019 仙台

開催日:2019年4月6日
会場:Gallery TURNAROUND
開場/開演:17:30/18:00
入場料:1,800円

出演:
Talibam! from NYC
Koji Shibuya's Eternal Calamity
菊地良博 | Yoshihiro Kikuchi

-
Talibam!
2003年に活動を開始した、ニューヨークを拠点に活動するMatt Mottel(synth)とKevin Shea(ds, electronics)によるユニット。
フルクサス出身の音楽家、刀根康尚と共作したLPを含む多数のリリースのうちの2枚は、60年代以来フリー・ジャズ / アンダーグラウンドなサイケデリック・ロックの名盤を多く抱える 名門レーベルESP-DISKからのもので、うち1枚は英WIRE誌で高評価を得た。

ファンクやソウル、ヒップホップ、テクノなど、あらゆる要素を貪欲に飲み込む音楽性の根底にはフリーキーなジャズがあり、その証拠として、2018年5月には、ドイツのアーティスト・イン・レジデンスに機会を得て前衛的なジャズの祭典 “Moers Festival”に招致され出演を果たした。

“タリバン!”、耳を疑うその不穏な響きを宿したバンド名に逆説的に込められた、底抜けに陽気なエネルギーをまとって、遂に彼らが 記念すべき初来日を果たす。この貴重な機会を絶対に見逃すな!
https://talibam.bandcamp.com

-
Koji Shibuya's Eternal Calamity
澁谷浩次 (yumbo) による最新ソロ・プロジェクト。
この「不滅の災禍」と名付けられたプロジェクトは、揺らぎを湛える楽器群の美しいアンサンブルが、飾り気を捨てた揺るぎのない“うた”を、詩的に意匠する。
参加メンバーは流動的で、その都度曲のアレンジが変わる。
今回の編成:
澁谷浩次 - bass, vocal
皆木大知 - guitar
佐藤ゆか - clarinet
相原洋 - trombone
山路智恵子 - percussion

-
菊地良博 | Yoshihiro Kikuchi
ソロ名義ではコンピュータによるアブストラクトな電子音響を、バンドGraves And Orchestra Pits ではドゥーム・メタル/ブラック・メタルをモチーフにした折衷主義的なポストロックを制作する。 また、Bryan Lewis Saunders, Anla Courtis, Vomir/Roro Perrot, Sebastien Borgo など、世界中の先鋭的なアーティストとの共作を行う。
2019年3月にドイツのレーベルla bois Recordsから、Eric Lundeとのスプリット7インチ・レコードがリリースされ、Utonと共作したCDのリリースも控える。
http://yoshihirokikuchi.org


----------------------------------------------------

仙台公演企画者からのあいさつ

Talibam!は僕が10年以上前から大好きなバンドです。

メンバーのMattから日本ツアーをしたいと初めて連絡をもらったのは確か10年前。来日ツアーを実現するため奔走するも結局かないませんでした。

Mattはここ数年の間に2度程来日し、単独でツアーを行っていましたが、もう一人のメンバーKevinと一緒に来日するのは今回が初めてです。

Mattは、2016年には仙台にも来てくれ、青山泰知さんと僕を含む3人で即興演奏によるライブをやりました。
その時Mattが話してくれたことによると、彼がTalibam!として、それまで連絡をとった日本人のうち、初めて連絡を返したのが僕だったそうです。

そんな経緯もあり、今回彼らが遂に来日し、僕のオーガナイズにより仙台で演奏してくれることの喜びはひとしおです。

Talibam!の音楽性は多岐にわたるため説明するのはなかなか難しいのですが、フリージャズをベースとしたファンキーかつノイジーな、それでいてユーモラスなエレクトリック・サウンドで、時にはラップまで歌います。
誤解を恐れず、わかりやすい言葉で例えるならば、フリージャズ版の(初期)ボアダムスや想い出波止場といった感じです。
会場はアートギャラリーなので、フラットな環境で彼らの演奏を間近で見ることができます。

仙台からはyumboとしての活動で知られる澁谷浩次さんのグループ、Eternal Calamityが出演してくださいます。僕も演奏しますが、いつものコンピューターによる演奏ではなく、このライブの3日後に同ギャラリーで始まる僕の個展で発表するサウンド・インスタレーションのライブバージョンを披露する予定です。

是非ご来場ください。どんな音楽を好む方でも楽しんでいただけること確実です。断言できます。
お待ちしております!

菊地良博


//////////////////////////////////////////
問い合わせ:info@yoshihirokikuchi.org

Gallery TURNAROUND
980-0805
宮城県仙台市青葉区大手町6-22 久光ビル1階
phone: 022-398-6413
email: info@turnaround.jp

レビュー(0)


コメント(0)


月別イベント