イベント

9月

21

9月

22

セゾン ・ アーティスト ・ イン ・ レジデンス スペインダンスプロジェクト「トポス」パブリックトーク&ワークショップ

セゾン AIR パートナーシップ 世界のダンスマスターに師事する、新鋭のダンサーによる新たな身体表現

  • 日程
    2018年09月21日 ~ 2018年09月22日

  • 時間
    19:00

  • 会場
    セゾン森下スタジオ

東京都江東区森下3丁目5−6]セゾン・アーティスト・イン・レジデンスでは、ピナ・バウシュヴッパタール舞踊団の専属ダンサーとして活動するパウ・アラン・ ジメーノを迎え、ジョセフ・ナジに師事するダンサーの石井順也と、笠井叡等の作品に出演する小暮香帆による日本・スペイン ダンスプロジェクト「トポス」のパブリック・トークとワークショップを森下スタジオで開催します。

セゾン・アーティスト・イン・レジデンスでは、ピナ・バウシュヴッパタール舞踊団の専属ダンサーとして活動するパウ・アラン・ ジメーノを迎え、ジョセフ・ナジに師事するダンサーの石井順也と、笠井叡等の作品に出演する小暮香帆による日本・スペイン ダンスプロジェクト「トポス」のパブリック・トークとワークショップを森下スタジオで開催します。

パブリック ・ トーク
「トポス : バルセロナ物語、東京物語」 新作の構想を語る
2018年9月21日(金) 19:00-20:30 / 森下スタジオ / 参加無料

異なる場所に住み、 異なる視点や個性、 身体を持つ表現者が錯綜する場、 また肯定できる未来 を空想するプロセスを共有し、 探求する場をつくるダンスプロジェクト 「トポス (TÓPOS)」 について 3 人のダンサーのこれまでの活動や作品とともに、 バルセロナや東京のレジデンスでの活動、 新作 の構想を紹介するトークを行います。

ワークショップ
「トポス : 生成する場所」 新たな身体表現を探るワークショップ
2018年9月22日(土) 10:30-18:30 / 森下スタジオ / 参加無料

砂漠や砂丘、 滝、 湧き水といった絶えず変化するフローから生まれる新たな身体表現の可能性に 着目し、不確かな時代の中で他者と向き合い、共存する方法や共通感覚を、異なるバックグランド の 3 人のダンサーとともに模索するワークショップを行います。 詳細は本チラシの裏面をご覧ください。

予約・詳細はこちら:http://toposdance.info/2018/08/14/6019/
会場:森下スタジオ [地図を表示]

トポス公式サイト:http://toposdance.info/

主催 : 公益財団法人セゾン文化財団  制作協力 : PLATAUX
助成 : 平成 30 年度文化庁 「アーティスト ・ イン ・ レジデンス活動支援を通じた国際文化交 流促進事業」
後援 : 駐日スペイン大使館、 カサアシア

レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼

月別イベント