イベント

7月

13

7月

22

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

今年で15回目!世界中の映画が川口に集まる10日間!

  • 日程
    2018年07月13日 ~ 2018年07月22日

  • 時間
    00:00

  • 会場
    SKIPシティ/MOVIX川口

“若手映像クリエイターの登竜門”として、埼玉県川口市で2004年に誕生した「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、今年で記念すべき15回目!

メインとなるコンペティションには、今年は過去最多となる、98の国と地域から合計832本がエントリー!
その中から厳選した「国際コンペティション」10作品、「国内コンペティション」長編4作品、短編9作品を上映!審査員による審査を経て、最終日各賞を発表します。果たして今年のグランプリはどの作品に!?

「国際コンペティション」にはロシア、コソボ、アルゼンチン、アイスランドなど、普段日本ではあまり観る機会のない国の作品が勢揃い!海外作品はすべて日本初上映!
「国内コンペティション」では、青春映画からサスペンス、SFタッチの作品まで、日本映画の未来を担う新進気鋭の才能がしのぎを削ります!上映後には、監督やプロデューサーが来日してのQ&Aセッションも開催します。

そして15周年を迎える本年は、特別企画も充実!

日本映画界が熱い期待を寄せる石井裕也、入江悠、沖田修一、吉田恵輔といった埼玉県出身の監督たちを特集する「飛翔する監督たち from SAITAMA」

古今東西の名匠を追ったドキュメンタリー特集「名匠たちの軌跡」では、黒澤明、ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤン、ミヒャエル・ハネケの映画術を追った貴重な作品をなんと無料上映!
なかでも注目は、『万引き家族』でカンヌ映画祭パルム・ドールを受賞した是枝裕和監督が25年前に手がけた『映画が時代を写す時-侯孝賢とエドワード・ヤン』!

ほかにも、世界的大ヒットアニメ「怪盗グルーシリーズ」3作品の一挙上映など、盛りだくさんのラインナップです!

過去、本映画祭からは『日本で一番悪い奴ら』『孤狼の血』の白石和彌監督、『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督、『東京ウィンドオーケストラ』『ピンカートンに会いにいく』の坂下雄一郎監督、『カメラを止めるな!』(絶賛公開中!)の上田慎一郎監督など、数々の監督が羽ばたいていきました。
今年はどんな才能が、ここから飛び出していくのか、ぜひスクリーンでご覧になって確かめてください。

映画祭期間中は、JR川口駅東口、SR鳩ヶ谷駅西口から会場のSKIPシティまで無料直行バスが運行されます。
前売り券は7月12日(木)までチケットぴあ、セブンチケット、ファミリーマートほかにて販売中!当日券は各会場にて販売します。

世界中から日本未公開の作品が川口・SKIPシティに集結する10日間!
国内外からゲストも多数来場します!

作品情報、スケジュールなど、詳細は公式サイトでご確認ください。

<SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018>

■会期
2018年7月13日(金)~7月22日(日)

■会場
SKIPシティ 映像ホール、多目的ホールほか(埼玉県川口市上青木3-12-63)
MOVIX川口(埼玉県川口市並木元町1-79 アリオ川口3F)

■主催
埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会

■公式サイト
www.skipcity-dcf.jp

レビュー(0)


月別イベント