イベント

5月

19

6月

16

【からだの使い方ワークショップ】 日常動作をみがく身体技法 (全3回)

身体やしぐさにまつわる著書を多数執筆されている矢田部英正さんを講師に迎え、からだとこころが調和した状態を保つテクニックをレクチャー。

  • 日程
    2018年05月19日 ~ 2018年06月16日

  • 時間
    14:00

  • 会場
    ワコールスタディホール京都

座る、歩く、寝る。これらの日常的な動作の基礎を学ぶワークショップ。『からだのメソッド(筑摩書房)』や『美貌の文化史(中央公論新社)』など、身体やしぐさにまつわる著書を多数執筆されている矢田部英正さんを講師に迎え、からだとこころが調和した状態を保つテクニックをレクチャー。古来の伝統に基づいた技法で、日常生活で蓄積された「ストレス=歪み」に気づき、現代の生活を見直すきっかけをつくります。自分のからだの特徴やクセが気になる、自分に合った動き方を知りたい、イスや靴など日用道具とのフィット感を高めたい、自然で美しいからだの状態を体感したい人におすすめ。からだや動きにまつわる、さまざまな疑問におこたえします。

第1回:5月19日 14:00~16:00 座り方の基礎 ~ラクに座るための条件~
第2回:5月26日 14:00~16:00 歩き方の基礎 ~「からだの自然」にかなった立ち方、歩き方~
第3回:6月16日 14:00~16:00 快眠法の基礎 ~深い睡眠を効率よくとるための技~

【講師】矢田部英正 [日本身体文化研究所 主宰]
武蔵野美術大学講師 (文化史家/造形作家)、身体文化論専攻。学生時代は体操競技を専門とし、全日本選手権等に出場。選手時代の姿勢訓練が嵩じて日本を中心に世界各地の身体技法を研究する。文化女子大学大学院(現文化学園大学)博士後期課程にて和装と身体のかかわりを研究。国際日本文化研究センター研究員を経て博士号取得(被服環境学)。学位論文は『たたずまいの美学~日本人の身体技法』として中公叢書より刊行。姿勢研究の一環として1999年より椅子の開発に着手し、開発、デザイン、制作を手がける。URL_http://www.corpus.jp

日時
2018年5月19日(土)、5月26日(土)、6月16日(土)各回14:00~16:00
料金 12,960円(税込/全3回)
定員 30人

▼詳細・お申し込みはこちら
http://www.wacoal.jp/studyhall/school/event/article81142

キーワード:


レビュー(0)


コメント(0)


月別イベント