イベント

12月

03

12月

17

"観光と移民" をテーマにした現代美術展「自営と共在」が沖縄・那覇で開催

"観光と移民" をテーマにした現代美術展「自営と共在」が沖縄・那覇で開催

  • 日程
    2017年12月03日 ~ 2017年12月17日

  • 時間
    12:00

  • 会場
    BARRAK 大道

"観光と移民" をテーマにした現代美術展「自営と共在」が沖縄・那覇で開催のお知らせ

2016年初頭に原爆の図 丸木美術館にて開催され話題を集めた企画展「私戦と風景」メンバーによる、新しい展覧会「自営と共在」が、12月3日 (日) から12月17日 (日) まで、沖縄県那覇市のBARRAK 大道にて開催される。出展作家は、亜鶴、市川太郎、鈴木操、角田啓、手塚太加丸の5名。

本展示は、"移民と観光" をテーマとし、直接的に政治的な言及を行うのではなく、沖縄を "隣" のモチーフとして考える構成がとられ、キュレーター・齋藤恵汰によりコンセプトとして「隣人愛は可能か?」というステートメントが書かれている。移民や観光という現象を日本各地から沖縄に集合する作家が経験や思考を行いながら深め、それらが作品や展示全体へとフィードバックされる。

キュレーター・齋藤恵汰は、本展示の開催理由を次のように語っている。
「今年メンバーそれぞれは、それぞれが複数回、沖縄に足を運び、この展覧会の準備を行ったのです。私たちはきっと、いつでも、どこででも、またこうして共同性を立ち上げることができると、信じています。そして、それが、この地上に人類が数多く居ることを希望する、もっとも根源的な可能性ではないでしょうか。」

「私戦と風景」とメンバーは同じながら全く違う内容となる本展示は、芸術祭の「常連」といった単語の氾濫や、度重なるアート・コレクティブの結成という動向の機能不全化や陳腐化、あるいは形骸化を「無自覚な繰り返し」として批判的に捉え、そこから、個々のアーティストの自由と、それらが一時的な連帯を達成するためには、あらかじめネットワークされていた人々がいて、そこで培われていた共同性が、何か出来事に由来して立ち上がり直してしまうといったことこそ必要だという視点を問いかける。

想像力を扱う展示のその先へ、それを更に掘り進めるべく「複数の想像力が一つのイメージを共有する」ために、各アーティストの作品による "自営" と、展覧会全体を通じた "共在" が試みられる本展に、是非、ご期待ください。

[本件に関するお問い合わせ先]
Shibuhouse.inc
齋藤恵汰 saito keita
4-4-1 101, Aobadai, Meguro-ku, Tokyo, 153-0042, Japan
keita.s@shibuhouse-inc.com

キーワード:


レビュー(0)


コメント(0)


月別イベント