イベント

演劇

投稿者:劇団献身


12月

20

12月

24

劇団献身 第10回本公演 「俺は大器晩成、~四十にして大輪を咲かせる予定~」

劇団献身、節目の第10回本公演!3分に1度やってくる絶望! ド暗い嫌な物語、ナンセンスギャグを携えて、ポップとロックの狭間で描く!

  • 日程
    2017年12月20日 ~ 2017年12月24日

  • 時間
    00:00

  • 会場
    下北沢駅前劇場

今年で28歳になる。

下落合の古いアパートは、西武新宿線の急行が通過するたびに、
どうかと思うほど揺れる。

30代で売れた人を、ネットで探して、安心しようとしている。

頑張ってる。頑張ってきた。

だけど、そろそろ、もういいだろう――

劇団献身、節目の第10回本公演!3分に1度やってくる絶望!
ド暗い嫌な物語、ナンセンスギャグを携えて、ポップとロックの狭間で描く!
7年前、超局所的に話題となった作品を大幅リメイクし、満を持して再演!!

◆ご挨拶
こんにちは、劇団献身主宰の奥村です。

元々、「3年で駅前劇場に行けなかったら解散しよう」と決めて旗揚げしました。

審査に4回落ちて、3年3ヶ月かかって到着しました。本来解散すべきところではございますが、この三ヶ月をアディショナルタイムと捉えて、抜け抜けと上演する所存です。

「俺は大器晩成、」は6年前、まだ学生だった頃に上演した作品です。
当時22歳だった自分が、28歳の自分に想いを馳せ書き連ねた結果、絶望的にどん詰まった、閉塞感が尋常じゃない作品になったことをよく覚えています。

そして今、28歳まで生きてみて思うことは「人生はテンション高めでいけば、意外と大丈夫」ということです。この薄っぺらで、それでも生きて掴んだ確かな実感を足掛かりに、もう一度この作品に向き合ってみようと思いました。
あの頃の暴力的な閉塞性と、今ある楽観性が、きっと違和感満載の、初めましてな手触りの作品を生み出してくれるでしょう。

長々書き連ねましたが、要はめちゃくちゃ面白いものにするということです。
期待しててほしい。そして、絶対に観てほしい。
そういうことです。劇場でお待ちしております。

劇団献身主宰  奥村徹也

公演概要
◆タイトル 『俺は大器晩成、~四十にして大輪を咲かせる予定~』
◆作・演出  奥村徹也
◆劇場 下北沢・駅前劇場 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F

◆出演

加瀬澤拓未
木村圭介
永井久喜(以上、劇団献身)
石井エリカ
板倉武志(犬と串)
伊与勢我無(ナイロン100℃)
城築創(劇団プレステージ)
北口美愛
粂川鴻太
渋谷裕輝
高木健(エンニュイ)
高橋龍児(ブルドッキングヘッドロック)
田口智也
福富朝希

◆タイムテーブル

2017年12月
20日(水)19:00~
21日(木)19:00~
22日(金)14:00~/19:00~
23日(土)14:00~/19:00~
24日(日)13:00~/16:30~

※受付開始45分前、開場30分前。

◆チケット料金

前売り 一般:3200円
   ペア割:5400円
(劇団窓口と演劇パスのみ取扱い)
当日券 一般:3500円

◆チケット発売日
 2017年10月15日(日)10:00

◆チケット取扱い
 ・劇団窓口(カルテットオンライン)
   →https://www.quartet-online.net/ticket/kenshin10
 ・チケットぴあ
   →http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1749583
    店頭購入:セブンイレブン、サークルK・サンクス、ぴあ店舗
    電話予約:0570-02-9999(P コード:482459)
 ・イープラス
   →http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002241096P0030001
 ・演劇パス
   →http://engeki.jp/pass/events/detail/314

◆問い合わせ/情報掲載のお問い合わせ、取材・寄稿のお申し込みはこちら
 Tel :090-9204-3288(制作部・安達咲里10:00~22:00)
 Mail:gekidankenshin@gmail.com

◆劇団HP:http://gekidankenshin.wixsite.com/kenshin3

キーワード:

劇団献身 / 俺は大器晩成


レビュー(0)


コメント(0)


月別イベント