イベント

映画

投稿者:genhorie


9月

09

孤高の首吊りパフォーマー・首くくり栲象のドキュメンタリー映画、アップリンク渋谷にて1日限定上映!

  • 日程
    2017年09月09日

  • 時間
    17:50

  • 会場
    アップリンク渋谷(スクリーン1)

今年1月に放送された『山田孝之のカンヌ映画祭』(監督:山下敦弘/松江哲明)に本人役で出演するやいなや、その稀有な存在感に話題騒然となったアクショニスト・首くくり栲象(たくぞう)。彼の日々の営みに密着したドキュメンタリー映画が、ドラマ放送以降、待望の再上映が決定した。本作の監督は、長谷川和彦、柳町光男に薫陶を受けた新鋭・堀江実。
最終回の上映後には、先日上梓した『アウトサイドで生きている』が話題のアウトサイダー・キュレーター櫛野展正を迎えてのトークショーも開催。堀江監督による2013年の劇映画『みずち』(音楽:吉田アミ/大谷能生)も久々に上映される。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
9月9日(土)全作品、英語字幕付き

17:45-『みずち』(出演:川瀬 陽太、汐見ゆかり、堀江実)
19:05-『首くくり栲象の庭』
20:35-『首くくり栲象の庭』
    上映後トークショー 櫛野展正(アウトサイダー・キュレーター) × 堀江実(本作監督)

【会場】アップリンク渋谷 (スクリーン1)
    Tel.03-6825-5503 www.uplink.co.jp
    東京都渋谷区宇田川町37-18トツネビル1F

    当日:1,500円 予約:1,300円 全席自由席

[website] http://minoruhorie.com/takuzo/

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■■■映画解説■■■
東京の西のはずれ、まもなく古希を迎えようとしている男は、自宅の庭で毎日首を吊る日々を過ごしている。
1960年代後半より身体表現をはじめた彼は、半世紀生きたことを契機に、チェーホフのワーニャ伯父に自身を重ねながら、日々の営みとして自宅の庭で首を吊り始めた。それから20年近くものあいだ、毎日のように彼は首を吊ってきた。

堀江実は、彼の孤高の行為(アクション)に静かな衝撃を受けると、2014年12月の朔旦冬至より、ひとりきりで彼と対峙しながら撮影を開始。1年以上にも及ぶ撮影を経て、当初の記録映像は、やがて彼の身体表現の内側へとくいこむような展開へと飛躍し、ドキュメンタリーとフィクションの垣根を超えた「映画」へと結晶化していく……

■■■アクショニスト・首くくり栲象(たくぞう)とは何者か?■■■
1947年、群馬県安中榛名生まれ。
高校卒業後、演劇を志し上京するも、東京で初めて出会った芸術家であるハプナー・風倉匠に感化され、演技、ダンス、舞踏、そのどれにもカテゴライズされえない先鋭的な身体表現に突き進む。
1971年には、天井桟敷館にて首吊りパフォーマンスを用いた初めての作品『a’』を発表。
その後も、笹原茂朱主催による劇団夜行館への参加、舞踏の祖・土方巽の死直後に行われた公演『感情の周囲をめぐる物として』(1986)においては自らの胸に焼鏝を押し当てるなど、比類なきラディカルな身体表現の軌跡を描きつづけてきた。
1997年より、自分が半世紀ものあいだ生きてきた事実に衝撃を受け、首吊り行為を自らに課す日々を生き始める。彼の行為によって毎日のように踏まれた自宅の裏庭は粘土のような質感を帯び、その歩行の痕跡は緩やかな起伏としてあらわれていく。
2004年には、自宅の庭を「庭劇場」と命名、自らを「首くくり栲象」と称して公演を打ちはじめ、現在もなお、宙に漂い、重力を味わう彼の日々は続いている。

■■■堀江実・プロフィール■■■
1980年東京生まれ。高校時代より映画を志し、大学在学中は柳町光男に学ぶ。 2003年、長谷川和彦の助監督候補に選出され、以降『連合赤軍』のシナリオ執筆に参加。20代半ばから自主製作にて映画づくりをはじめ、初監督作『熊になる』(2008)、自ら出演・監督した『みずち』(2013)などを発表。

レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼

月別イベント