イベント

6月

14

7月

08

TAMANO from "images of Beauty ― さまざまな美しさのかたち ―"

本作「TAMANO」は岡山県玉野市に暮らす人々を写真家 野村佐紀子が撮影したポートレイト作品です。

  • 日程
    2017年06月14日 ~ 2017年07月08日

  • 時間
    10:00

  • 会場
    ワコールスタディホール京都 ギャラリー

野村佐紀子 写真展 TAMANO from "images of Beauty ― さまざまな美しさのかたち ―"

■会場:ワコールスタディホール京都 ギャラリー
■会期:2017年6月14日(水)~7月8日(土)
■時間:火曜~土曜 10:00~17:30(休廊日:日・月・祝日)

<入場無料>

「より美しく」
これが、ワコールの信念と未来に向けての思いをわかりやすく示した新しいコーポレートメッセージです。
創業以来約70年間、私たちワコールは、「美」を追求し提案してまいりました。
この先も未来に向かって、「より美しく」輝きたいという人々の思いに応えるために、
意識・心理の変化をとらえながら、時代に合った「美の価値観」を常に知り、感じ取っていきたいと考えます。

さまざまな人が考える美しさを感じるエキシビジョンとして2016年12月スパイラル(東京・南青山)で
"images of Beauty ― さまざまな美しさのかたち ―"を開催いたしました。
その参加アーティストのおひとりである野村佐紀子さんの作品をワコールスタディホール京都ギャラリーにてこのたびご紹介いたします。

本作「TAMANO」は岡山県玉野市に暮らす人々を撮影したポートレイト作品です。
野村佐紀子の敬愛のまなざしに包まれて、ひとりひとりの生きてきた時間が克明に写し取られたポートレイ作品は、生命の美しさ、被写体になる事での華やぐ心を写しだしており、写真がもつ素晴らしさを改めて教えてくれる作品となっています。

皆さまにとっての「美しさとは何か?」を考えるきっかけに本展がなればと願っております。

野村佐紀子(写真家)

1967年山口県生まれ。九州大学芸術学部写真学科卒業。91年より荒木経惟に師事。
'93年より東京中心にヨーロッパ、アジアなどでも精力的に展覧会をおこなう。
おもな著書に「裸ノ時間(平凡社)」「愛ノ時間(BPM)」「黒猫(t.i.g)」「夜間飛行(リトルモア)」「黒闇(Akio Nagasawa Publishing)」
「nude/a room/flowers(match and company,inc)」「hotel pegasus(Libro Arte)」「TAMANO(Libro Arte)」
「another black darkness(Akio Nagasawa Publishing)」「雁(BCC)」「光源(双葉社)」などがある。

▼詳細はこちら
http://www.wacoal.jp/studyhall/gallery/event/article71702

キーワード:

写真 / 野村佐紀子


レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼

月別イベント