イベント

音楽

投稿者:midorihrn


4月

28

sonic pieces presents

Erik K Skodvin & Midori Hirano ライブ in 東京

  • 日程
    2017年04月28日

  • 時間
    20:00

  • 会場
    七針

2017/4/28(金) @ 七針 (東京都中央区新川2-7-1 オリエンタルビル地下)

Open 19:30 / Start 20:00

前売: 2500円 / 当日: 2800円

出演: Erik K Skodvin, Midori Hirano

ご予約(七針:観覧のご予約専用):yy@ftftftf.com
*定員に限りがありますので、ご予約はお早めにお願いします

⭐︎ご来場のお客様には、sonic piecesによるレーベルサンプラーCDをプレゼントします⭐︎

Erik K Skodvin
Svarte GreinerやOtto A TotlandとのDeaf Centerとして知られるアーティスト。ノルウェーのランゲスンで生まれ育ち、オスロでの活動を経た後にドイツ・ベルリンへと移住。早くからコンピューター・ミュージックに慣れ親しんだ彼は、若くしてネットレーベルMiasmahを設立。映画や光、影といったイメージに大きく触発されるという自身の音楽活動は、本名名義での作品『Flare』(sonic pieces, 2010)で結実。Svarte GreinerやDeaf Centerの作品群の持つ荒涼としたアンビエンスから、生楽器の持つフラジャイルなサウンドを取り入れることで、より繊細でわずかな光さえも感じさせる世界観を『Flame』(sonic pieces, 2014)ではクラリネットやパーカッションも取り入れる事により、より生々しく表現されている。最近ではAidan Baker、Andrea Belfiとの即興プロジェクトB/B/Sとしても活動する他、アートや映画、ダンスなど異なる分野での活躍も目立ちながらも、流行に囚われることのない確かな美意識と価値観に基づいたその活動は、レーベルオーナー/アーティストそれぞれの役割において高く評価されている。
http://www.miasmah.com/eks/
http://www.sonicpieces.com

Midori Hirano 
京都府出身、現在ベルリン在住の音楽家。クラシックピアノの素養を生かしながら電子音も取り入れたポスト・クラシカル的な作品で知られており、2006年にnoble からデビューアルバム「LushRush」をリリース。セカンドアルバム「klo:yuri」(2008年) はTIME誌やBBCのラジオ放送、FACT Magazine など多くのメディアに取り上げられ国際的にも認知されるきっかけとなる。2016年にオオルタイチとのユニット「ゆうき」での活動でも知られるYTAMO との共作アルバムを二作続けて発表、そして同年新作ソロアルバム「Minor Planet」をsonic pieces よりリリース。自身の作品以外にも映像・映画作品への楽曲提供も行っており、近年では音楽を担当した泉原昭人監督の短編作品「Vita Lakamaya(ウィータ・ラカーマ
ヤ)」が2016年度の第66回ベルリン国際映画祭にもノミネートされた。またオーバーハウゼン国際短編映画祭、ロッテルダム国際映画祭においてもライブ演奏を披露。本名名義以外ではより実験的な電子音楽作品をリリースしているMimiCofとしても活動している。
http://midorihirano.com
https://soundcloud.com/midorihirano

レビュー(0)