イベント

3月

06

4月

03

終了平面作品案募集! 第10回 ART IN THE OFFICE 2017 新たな挑戦を10周年のプログラムで。あなたの一歩をマネックスが応援します!

オフィスのプレスルームを彩る平面作品案募集! *4月3日(月)締め切り当日消印有効

  • 日程
    2017年03月06日 ~ 2017年04月03日

  • 時間
    00:00

  • 会場
    マネックス証券株式会社プレスルーム

ART IN THE OFFICEは、現代アートの分野で活動する新進気鋭のアーティストをサポートする公募プログラムで、今年で10回目を迎えます。

平面作品の展示プランを募集し、受賞アーティストの作品をマネックス証券(以下「マネックス」)のプレスルームに約1年間展示します。審査は、アート界とビジネス界、それぞれの分野の第一線で活躍するプロフェッショナル5名によって行われます。受賞者には、賞金を授与し制作費を支給する他、「現代アートの学校MAD」の受講資格が与えられます。

作品制作と展示は、5月に移転するマネックスの新オフィス内の取材対応や重要な会議が行われるプレスルームで行います。制作期間中の社員との交流は、自分の作品をいつもとは違う角度から捉えるきっかけともなるでしょう。設立当初より次代の金融ビジネスのあり方を模索してきたマネックスのオフィスで、あなた自身も新たな表現に挑戦してみませんか。

<実施内容>
1. 応募受付  2月13日(月)- 4月3日(月) ※当日消印有効

2. 審査    4月中旬

3. 受賞者発表 5月

4. 作品制作  6月 (約2週間)
 ※ オフィスでの滞在制作は必須ではありません
 ※ 展示期間は2018年5月まで(予定)
 ※ 社員を対象としたミニアーティストトークやワークショップを行います
 ※ 制作期間中もしくは展示期間終了後、展示作品に関連した小作品(リサイズあるいは再構成した作品)を制作、寄贈いただきます

5. レセプション 9月
 ※ 作品をモチーフとしたマネックスのオリジナルノベルティーを招待者に
 贈呈します

<サポート内容>
■ 賞金50万円、制作費10万円 ※交通費・素材費・設置費を含む

■ マネックス、マネックスのグループ会社およびAITのウェブサイト、プレスリリースやメールマガジンにおける展示紹介。その他、マネックスのオリジナルノベルティーの製作や親会社マネックスグループ株式会社のアニュアルレポートへの掲載等。

■ 「現代アートの学校MAD2017」(AIT主催)アーティストを対象にしたレクチャーの無料受講。
※MADとは:本プログラムの運営協力を行うNPO法人AITが2001年より開講している現代アートの教育プログラムです。受賞アーティストは、MAD2017「Body of Painting」シリーズのレクチャー9回+ワークショップ1回を受講できます。

<審査員(五十音順)>
久保田 真帆(MAHO KUBOTA GALLERY ディレクター)
塩見 有子(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]理事長)
難波 祐子(現代美術キュレーション)
松本 大(マネックス証券株式会社 代表取締役会長CEO)
村上 太一(株式会社リブセンス 代表取締役社長)

<応募方法>
所定の応募用紙(オフィシャルサイトよりダウンロードして下さい)作品ファイルをを郵送にてAITまでお送りください。
・持ち込み不可
・必ず応募条件、作品の所有権および著作権等についての注意事項をご確認の上、ご応募ください。

詳細はART IN THE OFFICEオフィシャルサイトをご覧下さい
http://www.a-i-t.net/ja/projects/2017/02/aio2017.php

キーワード:

現代アート / 公募 / 平面作品 / 企業


レビュー(0)


コメント(0)