イベント

3月

22

4月

14

終了写真界の次世代を担う若手を発掘する 第16回写真「1_WALL」展

個展開催の権利をかけた「1_WALL」ファイナリスト6名によるグループ展

  • 日程
    2017年03月22日 ~ 2017年04月14日

  • 時間
    11:00

  • 会場
    ガーディアン・ガーデン

【第16回写真「1_WALL」展】
会期:2017.3.22 水 - 4.14 金
時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜休館 入場無料
イベント詳細:http://rcc.recruit.co.jp/gg/?p=27807

【公開最終審査会】
日時:2017.3.23(木)6:00-9:00p.m.
参加無料 要予約(満席になり次第締め切り)
予約方法:http://rcc.recruit.co.jp/gg/?p=27829

ガーディアン・ガーデンでは、写真界の次世代を担う若手を発掘する公募展、
第16回写真「1_WALL」展を開催します。
一次審査、二次審査を通過したファイナリスト6名によるグループ展です。

会期中の3月23日(木)には、一般見学者にも公開される最終審査会を開催します。
ファイナリストによるプレゼンテーションの後、審査員による議論を経て、グランプリが決定します。
グランプリ受賞者には1年後の個展開催とパンフレット制作の権利、
今回から新たな特典として、個展制作費10万円が贈られます。

今回の「1_WALL」は、前景の対象物を越えて、光がつくる奥行きや広がりをモノクロームで定着させた阿部直樹、絶滅した部族から着想を得て、正体不明の何者かとその物語を構成する白井晴幸、インドが抱えるカースト制度と学歴社会の問題をドキュメントした千賀健史、メモをとり記憶に残すように身近な物にレンズを向けた富澤大輔、5 年ぶりに帰った故郷の変化に驚き、改めて故郷を撮り下ろした藤澤洸平、孤独と愛情、内と外など、精神的・地理的な境界をテーマにした姚遠、以上6名が展示します。

キーワード:

1_WALL / 写真


レビュー(0)