イベント

3月

17

3月

24

奇跡の実話!AirAir挿入歌担当!映画『ストロベリーばななシェイク′s』4月14日よりCAPSULE他全国順次公開

これは実話です。

  • 日程
    2017年03月17日 ~ 2017年03月24日

  • 時間
    19:00

  • 会場
    自遊空間sendagaya

3月17日 金曜日と3月24日 金曜日 19時から東京都渋谷区内(千駄ヶ谷)にて一般・マスコミ プレミア特別披露試写会を行います!
一般・マスコミの方でご興味のある方は招待状を送付しますので是非、〔einomovie.info@gmail.com〕までご連絡ください。

・イントロダクション
これは、ドキュメンタリーなのか。それとも、ドラマなのか。いや、これは実話です。
人の人生をみるのって、こんなにも深くて、面白い。
可愛くて、ポップなタイトルと内容のギャップにまず、あなたは驚かされること間違いなし。
谷野淳監督自身の、2005年から2015年までの10年間に起きた、波乱万丈な人生の実話を主人公の神山樹里と香澄渚の2人に投影し、
谷野淳監督自ら企画、脚本、監督を務め、オリジナル実写映画化します! 
監督は、独特な視点から個性的なコメディ作品を中心に製作し、主に、少女を主人公としたガールズムービーを描くことに定評があり、
映画学校ニューシネマワークショップ在籍時に製作した短編映画「アフターワーズ」が映画祭「ムビハイ」にて劇場公開されるなど、
今後の活躍が期待される注目の新進気鋭映画監督 谷野淳。
特別な熱い想いがある今作で、衝撃の劇場長編映画 初監督デビューを果たします。
ミュージシャンの親友 由利が残した、未完成の曲を完成させる為に、路上に出てギター一本で今日も唄うシンガーソングライターの少女
主人公・神山樹里を演じるのは、あらすじを読み、主人公を演じたいと熱望し、オーディションから見事に選ばれた
次世代注目の演技派若手女優 榎並夕起。
そして、写真家の夢を追いかけて来たが、上手い話に引っ掛り騙され、借金返済に追われ、デリヘルに勤め自殺願望がある、
もう一人の主人公・香澄渚を演じるのは、谷野組作品の常連として欠かせない唯一無二、天性の才能を持つ女優 田口麻紀子。
脇を固める役者陣も、個性豊かなキャストが名を連ねます。
そして、主題歌を担当するのは、一度聴いたら耳に残る詩のセンスと、どこか懐かしさを感じるメロディー、圧倒的な歌唱力で期待の
実力派若手シンガーソングライター 実咲。
挿入歌に、動画共有サイトYouTubeにアップしたカバー曲「宝物/FLOWER FLOWER(Cover)」が再生回数 約10万回、
「サイレントマジョリティー/欅坂46(Cover)」が再生回数 約6万回を誇り、
Twitterなどネットを中心に、その清楚で透明感あふれる歌声と、美しくて綺麗なハモリが話題の、今後大注目で期待の
正統派新人アコーステックユニット Air Air。
この映画の一番の特徴で、物語の基盤となる音楽を実咲やAir Airを中心とした素敵な楽曲の数々で劇中、彩ります。
全員無名という圧倒的不利な色々と崖っぷちなインディーズ映画が、商業映画の世界で真っ向から勝負をかけた、間違いなく前代未聞、
伝説を作る衝撃の自伝的青春音楽映画。
人生と命の全てを賭けて作り上げた、強い想いと魂の詰まった120%感動必至のエンターテイメント作品がここに誕生!
お願いします。とにかく観てください。奇跡の傑作 ストロベリーばななシェイクs を。

・ストーリー
ミュージシャンの親友 由利(瑞乃まゆみ)が亡くなった。
親友 由利の死をきっかけに、シンガーソングライターを目指し、夜は路上に出て、ギター一本で今日も唄う少女 神山樹里(榎並夕起)。
そんな樹里の日課は、自らが作る好物の「ストロベリーばななシェイクス」を飲むこと。という普通の女の子。
ある日、デリヘルに勤めている女 香澄渚(田口麻紀子)は、勤務中に変な客にあたってしまい、耐えられなくなり、ホテルを飛び出す。
自殺も時折考えながら、行く宛てもなく街をふらついていると、行き着いた先に、路上に座りギター一本で唄う樹里の曲が耳に入ってくる。
渚はその曲に聴き惚れ、思わず声をかける。
樹里は戸惑いながらも、その曲が未完成の曲だと伝える。
そんな事がきっかけとなり、全く生き方の違う二人が出会う。
次第に、二人はお互いの過去や夢を打ち明け始める。
そして、樹里は未完成の曲の、とある秘密を打ち明け始める。
「大切な人が残した、未完成の曲なんだ。」
「私が歌う理由。それはね、親友の由利が残したこの未完成の曲を完成させる為なんだ。」
樹里は未完成の曲を完成させる事が、出来るのか。
渚は壁を乗り越え、諦めかけた夢をまた追いかける事が、出来るのか。
そんな二人を支える周りの仲間達。
樹里は様々な想いを胸に、ステージに立つ。
感動の結末にきっと、涙が止まらない。
「笑われてもいい。これが私の人生だから。どんなに辛くても、悲しくても、泥臭く強く、生きる。」
道や生き方が全く違う二人が出会い、交錯し、夢に問う。
「夢を持っている人、夢を追いかけている人、夢を探している人、夢に迷っている人、まだ夢がない人、夢を諦めきれない人、夢はいつかきっと必ず叶う。」
私がその言葉を、この映画をもって証明します。
誰もが経験したことがある、思春期のそんな時代。
きっと観終わった後、あなたも大切な人と、夢を語りたくなるはず。
そんな優しくて温かい友情物語。
「だから私は、今日も歌う。だから、みててほしい。」
-それが生きるという事だよ-

賛否両論コメント続々...

最高にかっこいい映画でした。
青春時代の痛み、悲しみ、辛さ、切なさ、そして喜怒哀楽の全てが詰まっていました。
報われないかもしれない青春。報われようと必死な皆に涙。
人は一人では生きていけない。誰かを必要としているという事。そんな事をこの映画は深く教えてくれました。
誰もが人生で一度は思い考え、抱えるであろう夢と現実の狭間で揺れ動く様々な悩みに、真っ直ぐに土足で入り込み、突き刺さる。
そんな映画でした。
現実の厳しさって、目を背けたくなる様な事だけど、背けてはならない。実話だからこそ説得力がしっかりとあって、
何事も諦めちゃいけないという事を改めて思い知りました。そして、勇気をもらいました。
[宣伝スタッフ アルバイト/22歳/女性]

徐々にハマり、気付いたらやみつきになっていました。そんな激動の105分でした。
[ストロベリーばななシェイクs 宣伝マネージャーアシスタント/19歳/男性]

出演者
榎並夕起 田口麻紀子/村越レイナ 上原愛香 西川千尋 / 加藤丈博 / 茜奈 / 小浪優子  山本治/瑞乃まゆみ

スタッフ
照明:芳士戸一成 録音:大高麻衣子 美術:川合真里 スクリプター:山﨑聖子 音楽:三浦淑子 衣装:YUKI 制作:マイコ 助監督:酒井要

主題歌
『Wingbeat/実咲(AT-Music)』

挿入歌
森かおり(inicial Works Entertainment)/Air Air/次谷洋一

企画・製作
Studio Gromit 

配給
画乃 

プロデューサー・監督・脚本・撮影・編集
谷野淳

2017/日本/105分/カラー/HD/ビスタ16:9/ステレオ
© 2017 ENO LLC.

劇場情報
関東地区|東京都
渋谷区|CAPSULE|03-6447-2369
随時、劇場情報は更新されます。【最新更新 2017年2月16日】

前売特別鑑賞券(特典付)、絶賛発売中!
https://sbss.thebase.in

公式サイト
https://www.sbss-movie.com

公式ツイッターアカウント
https://twitter.com/sbss_movie

特報
https://www.youtube.com/watch?v=X6bqaliw9Xk

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=t5IsyRMXT04

配給元:映画配給会社 画乃合同会社
電話番号/ファックス:048-598-7357
配給担当者名:吉水優介
WEBサイト:http://enofilm.co.jp

レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼