イベント

2月

21

3月

21

終了角田奈々写真展「母とあの時」 「ベトナムへ」

本展は『APG通信』50 号終刊を記念して、自身の母を撮影した作品と、ベトナムを撮影した作品を向かい合う2つのスペースで展示いたします。

  • 日程
    2017年02月21日 ~ 2017年03月21日

  • 時間
    12:00

  • 会場
    photographers’ gallery

角田奈々は、2014 年4 月からphotographers’gallery の活動に参加し、9 月から『APG 通信』を発行してきました。APG とは、Asia Photographer’s Gallery の略で、2006 年から2011 年まで、福岡市で写真家が運営していたギャラリーです。角田は、APG に2008 年より参加し、2010 年から代表として活動していました。角田が、「個人的にAPG を継続していくために発行してきた」という、『APG通信』は、2016 年12 月に発行された50 号で終刊しました。(『APG 通信』は、A5 カードの表面にベトナムで撮影された写真が、裏面には、自身の家族についてやベトナムでの出来事などが綴られています。)本展では、50 号終刊を記念して、自身の母を撮影した作品と、ベトナムを撮影した作品を向かい合う2 つのスペースで展示いたします。65 歳になった母と、祖母の故郷である高知県越知町を訪れた「母とあの時」。実家のある福岡と東京、ベトナムを行き来しながら撮影された「ベトナムへ」。
両者は全く異なる対象でありながら、いずれもゆらぎ、彷徨う角田自身のアンデンティティをそのままに受け入れてくれる場であるようです。『APG 通信』において発信されてきた写真とテキストは、そうした異なる対象や場所を往還することの確認作業でもあったのかもしれません。本展はこれらを合わせて見ることで、作品の新たな関係性を発見する試みでもあるのです。

▼「母とあの時」:photographers’gallery
展示内容/インクジェットプリント、約10 点APG 通信、約10 点
▼「ベトナムへ」:KULA PHOTO GALLERY
展示内容/インクジェットプリント、約10 点 APG 通信、約10 点
■APG 通信
2014 年9 月~毎月発行していた『APG 通信』最終号発売!!
*月2 枚発行 *全50 号 *A5 サイズ1 枚(200 円) *バインダー(500 円)

[地図を表示]

キーワード:

写真 / アート / ギャラリー


レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼