2009-02-07

ヒラリーよ広島へ逝け。ブルセラ このエントリーを含むはてなブックマーク 

 ヒラリーが来日するみたいですね。一口にヒラリーって言っても世界にはその名前の人がぎょうさんおってどれか分からないでしょうから、一応『ガン政府の新しい国務長官』とだけヒントを出しておきます。
 ヤー、何しに来るのか興味深いですね。誰と会ってどんな話をするのか。『アメリカ企業がもっと日本で儲けられるようにルールを変えろ!』『市場を開放しろ!』『日本企業を守っている規制を無くせ!』『かんぽの宿問題? アメリカ企業が買う約束を忘れたのか!』『マスコミは小泉改革が後退しないようちゃんと監視しろ! 麻生バッシングをもっとやれ!』『「貯金から投資へ」の流れをもっと煽り、日本人がアメリカ国債を買うように仕向けろ!』・・色んな想像ができます。政治家とか官僚の方は、わけの分からないガン政府のムチャな要求に負けないよう頑張ってほしいです。おれも一応、抗がん剤でも打っておこうかな(だがあいつらが本気出したら抗がん剤何本打ったところで無駄なわけだが。なんてったって核兵器ぶち込む国だし、場合によっては自分らの国の中に細菌ばらまいたりするからな。ニューヨークとかの地下鉄で。あと囚人とか使ってエグイ薬の人体実験やったり。フッ)。

 あのイケメン革命家こと“チェ・セルナ”は1959年に日本に来た時、こう言ったみたいだ→(当初のスケジュールでは、第二次大戦で死んだ日本の無名兵士の墓参りをする事になっていたが反発して)『行かない。数百万のアジア人を殺した帝国主義の軍隊じゃないか。絶対に行かない。行きたいのは広島だ。アメリカ人が十万人の日本人を殺した場所だ』(太田昌国『「国家と戦争」異説』P80)。で、広島に行って原爆資料館を見学した(日本人に説教かましもした)。
 だから、ヒラリーもそれに習って広島に行ったらどうだろうか? たぶん今まで行った事ないだろうし、『われわれアメリカはこんな事できるパワーがある!』って元気でももらってこればいいんじゃないか? 経済ぶっつぶれてどうも自信を失っているみたいだから・・とはいえそれってあんたらが好きな「自己責任」ってやつやね。自業自得なわけ。どうか外国の援助アテにしないで自分らだけでケツ拭いてほしいものだ。要は日本に金策に来るわけだろう? パンツ売ってでも自分らでどうにかしようって気持ちはないのだろうか? 日本の誇るセクシータレントの山田まりやは『風俗嬢になってでも自分の家族を喰わせていく』って気合いを持っていたらしいからな、貧しかった頃。その気概を見習ってほしいものだ、安易に回りに頼らねーで。
 パンツ買ってくれる店がどこにあるか分からないって言うんなら紹介しよう、たとえばそれは渋谷モヤイ像すぐ近くの×藤ビル2階の203号室『ス×ラ』だ。そこは店のホームページの文章借りて説明すると『ブルセラの聖地渋谷にオープンして10年以上』で、『あらゆる女の子の本物のシミ・臭い・分泌物にこだわった商品を販売して』きて、『他に制服、コスチューム、アダルトグッズ、古着 なども取り揃えて』いて、『当店製作のオリジナルDVD・ビデオは全国のビデオショップでも販売されて』いて、『そのため多数のメディアにも紹介されている信用と実績のある老舗ショップ』だ。渋谷モヤイ像近く、×藤ビル2階203号室『ス×ラ』だ。信頼と実績の老舗ショップ『ス×ラ』だ。OK?

コメント(0)


菊田純一郎

ゲストブロガー

菊田純一郎

“地球が温暖化するというのなら、そんなアッチィ地球を冷やしてくれる大型クーラーが必要だろう。超大型クーラーだから、それを動かすにはたくさんの原発が必須である。問題は原発で働いてくれる作業員をどうやって確保するかだが、スペインの代表的日刊紙『エル・ムンド』が署名入りの記事で日本の原発作業員についてレポートしたようにホームレスをスカウトして使うのも一つの手であろう。”


関連骰子の眼

関連日記