2020-07-06

外壁塗装はアートだ!おすすめの塗料は無機 このエントリーを含むはてなブックマーク 

外壁塗装アートをやるなら無機塗料をおすすめする理由を説明いたします。

無機塗料は耐用年数が10年以上ありますので、持ちが良いです。

無機とは炭素を含まない化合物という意味で、無機化合物に対しては有機化合物があります。

アクリルやシリコンウレタンなどは人工的に作られた樹脂が主成分の有機塗料で紫外線によって劣化しやすいという特徴があります。

これに対して無機はガラスや鉱石のように紫外線で分解されることがない物質です。

無機塗料の原料はガラスやセラミック、ケイ素が主成分になります。

無機だけでは硬くて乾燥した際に塗膜にヒビが入ったり割れたりしますので、使用するのは正確には無機と有機の混合塗料になります。

無機塗料は耐久性、耐候性、耐汚染性、耐熱性、そして不燃性に優れます。

つまり、劣化しにくく、天候に対しての耐性があり、汚れを雨水などで流し落とすことが出来、燃えにくく延焼を防ぐという優れた特性を持っています。

そうした特性によって20年以上の超耐久性を有する現時点では最高の塗料ですが、それだけ高価なので高コストの塗料だとも言えます。

ただし、無機塗料が出現してからまだ20年も経過していないので、外壁塗装に使用した場合、実際の耐用年数はわからないのです。

◎品質の高い工事をするために
1.塗料を規定以上に薄めて使う手抜き
塗装工事で一番大切なのは、当たり前ですが塗料です。

ほとんどの塗料は、塗る前に少し薄めて使うのが普通です。

水性塗料の場合は水で、溶剤系の塗料の場合にはシンナーなどで希釈します。

各塗料メーカーは、その塗料の性能、耐久性を発揮するのに最適な希釈倍率を定めています。

ところが、悪徳業者の中にはメーカーによる希釈率の基準を無視して規定以上に薄めている悪徳外壁塗装業者がいます。

規定以上に薄めれば、塗料量が増えるので、その分塗料を節約できることになります。

また、塗料の粘りが少なくなるので、早く塗ることが出来、職人さんは楽なのです。

こんな手抜き工事では塗膜が薄くなり、外壁塗装の効果も半減していしまいます。

2.オリジナル塗料がある
一般のものより優れた自社開発のオリジナル塗料があるから安くできると営業している外壁塗装会社があります。

塗料は塗装の命ですからできるだけいいものを使うべきです。

自社開発をうたっているこうした業者の塗料は、ほとんどの場合がOEM商品で自社開発とは言えないケースが多いです。

ただし、OEMが悪いわけではなく、それを自社開発と謡っていることが問題なのです。

日本国内には世界に誇れる塗料メーカーが存在しますが、中小企業が開発した高性能・高機能塗料にも良いものがたくさんあります。これらのコストと性能を目利きする役割が塗装業者に求められており、それができる外壁塗装会社を選びましょう。

当社が運営する外壁塗装のおすすめ業者をご覧ください。

https://gaiheki-guide01.com/

キーワード:

外壁塗装 / おすすめ


コメント(0)


関連日記

月別アーカイブ