2018-03-11

伊東四朗 魔がさした記念コントライブ 「死ぬか生きるか!」(新宿紀伊國屋サザンシアター)を観て。 このエントリーを含むはてなブックマーク 

2月14日(水)13時開演。平日マチネなのに、ソールドアウト。いや、全公演売り切れなのだそうだ。この演劇不況時代に!おそるべし伊東四朗。公演後、楽屋で「石井均先生が新宿に出されていたお店に住み込みで働かせて頂いていたモノです」と、ようやく挨拶が出来る。「お店」と云っただけで「あ、ストンゴールド」と返答された伊東さん。反射神経良過ぎるぞ。80才を過ぎて、バリバリ現役喜劇人は、この方とケーシー高峰師匠ぐらいなのでは。登場してくるだけで、笑ってしまう。オーソドックスなコントに見える5パターンなのだが、オチ方がそれぞれ変えてあって、作家のこだわりが見えた。MC弁士役の孝明君が、意外に(失礼)饒舌滑舌良くて秀逸。

キーワード:


コメント(0)


大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲