2017-10-10

「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」 The Nippon Foundation DIVERSITY IN THE ARTS『Museum of Together Exhibition』 このエントリーを含むはてなブックマーク 

[ 日本語 ]
AITは、日本財団が主催するDIVERSITY IN THE ARTSプロジェクトの一環で10月13日から東京・青山のスペース「スパイラル」にて行われる期間限定の美術館「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」の企画・監修として関わっています。
「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」は、アウトサイダー・アート、現代アートといった境界を取り払い、誰もが楽しめるアクセシブルな展覧会にしようと、障害のある当事者とともに会場構成から鑑賞プログラムまで、さまざまな取り組みを行なっています。

本展開催期間中は、参加型ワークショップ、ギャラリーツアー、参加作家やキュレーターによるトークなど、作品を楽しむためのプログラムに加え、1F スパイラルカフェでの特別フードメニューの提供や関連フォーラムなど、沢山のプログラムをご用意しています。最新情報は、展覧会特設ウェブサイトをご覧ください。
入場は無料ですので、お誘い合わせの上、みなさまのお越しをお待ちしています。
________________________________________

日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 企画展
ミュージアム・オブ・トゥギャザー
2017.10.13.Fri-10.31.Tue

アウトサイダーアートと現代アート、22の異世界をめぐるアート体験
どんな人にもひらかれた、アクセシブルな美術館
[会場]スパイラルガーデン(スパイラル1F)
[開館時間]11:00〜20:00[入場料]無料 / 会期中無休 ※10月13日(金)は18:00まで

参加作家:青山 悟、占部史人、Emi、川内理香子、クリスチャン・ヒダカ、 小松和子、清水千秋、清水ちはる、土屋信子、土屋正彦、寺口さやか、ピーター・マクドナルド、 藤岡祐機、古谷秀男、堀江佳世、松永 直、水内正隆、みずのき絵画教室、森 雅樹、八島孝一、竜之介、渡邊義紘
________________________________________

[ キュレーターズメッセージ ]

「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」展は、22の作家による作品と、資料や模型などのアーカイブから構成する期間限定の美術館です。この展覧会に参加している作家たちは、それぞれにまったく異なる環境で生活をし、一人ひとり異なる感情や考えのなかで制作を続けています。この多種多様な作家たちを結びつけているものは何かと言えば、「つくりたい」という欲求。身体のなかからどうしようもなくわき起こって、何かをつくらずにはいられないような、自我を超えた行為です。アートとは、絶望や快楽、孤独や欲望、そして変性意識状態など、つくり手の内面をただよう激しい感情のゆらぎのなかから生まれているのです。

そこで、この展覧会では、アートを心理的あるいは精神的に安定した状態を生み出し、その状態を維持するための能動的な道具であると捉えてみることにしました。これは、いわゆる"アウトサイダー・アート"や"アール・ブリュット"という言葉で括られる作家のことだけを言っているのではありません。古来の宗教芸術から、近・現代までのあらゆるアート表現に共通してみることのできる、はっきりとした輪郭を現すことのない「スピリチュアリティ(精神世界)」。それこそが、あらゆる芸術表現の根底に横たわっているものだと考えているのです。そして、この"道具としてのアート"は、作家だけに限ったものでもありません。作品を注意深く鑑賞していくと、さまざまな感覚や欲求が自分の内側から自然と生まれてくるという体験を得る人もいるでしょう。この展覧会では、会場構成などいたるところに鑑賞者が能動的に展覧会に参加できる工夫をこらしました。

アートファンのみならず、こうした場に足を運ぶことを躊躇してしまう方たちにも鑑賞に来ていただける展覧会にするには、どんな新しいチャレンジが必要なのか。企画のはじまる段階から視覚障害のある方、聴覚障害のある方、車椅子の方など、当事者の方たちと意見交換をしながら議論を重ね、検証してきました。会場のデザインやアクセス・アート・プログラムなどを通して作り手の世界へと入り込み、より多くの鑑賞者の心のなかで作品同士が共鳴し、関係を結び合う。道具としてのアートの実験に、みなさんもぜひ参加してみてください。

(キュレーター)ロジャー・マクドナルド / 塩見有子
________________________________________

主催: 日本財団
制作: 一般財団法人 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS
監修: NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
企画協力: スパイラル
会場協力: 株式会社ワコールアートセンター

キュレーター:ロジャー・マクドナルド、塩見有子 [AIT/ エイト]
会場構成:アトリエ・ワン
展覧会グラフィック:橋詰 宗
エディトリアル:石田エリ
ラーニング企画・運営:NPO法人 エイブル・アート・ジャパン
ラーニング協力:視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ、美術と手話プロジェクト、森美術館

展覧会特別フードメニュー:野村友里(eatrip)、長田佳子(foodremedies)

リサーチ・キュレーターズ:赤荻 徹(アトリエ・エー)、大内 郁(アーツカウンシル新潟)、岡部兼芳(はじまりの美術館)、岡部太郎(たんぽぽの家)、奥山理子(みずのき美術館)、千葉真利、津口在五(鞆の津ミュージアム)、松本志帆子(藁工ミュージアム)、森岡督行(森岡書店)、山下完和(やまなみ工房)

協力:MIZUMA ART GALLERY、社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房、GALLERY SIDE 2、WAITINGROOM、一般財団法人たんぽぽの家、社会福祉法人わたぼうしの会、アトリエ・エー、SCAI THE BATHHOUSE、広島県立広島中央特別支援学校、株式会社愉快 studio COOCA、社会福祉法人大和会 大和高原太陽の家、社会福祉法人パレット会 パレットたつの、みずのき美術館(順不同)

[ WEBSITE ]

・展覧会特設ウェブサイトhttps://www.diversity-in-the-arts.jp/moto
・日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 公式ウェブサイト https://www.diversity-in-the-arts.jp

[ CONTACT ]

展覧会に関するお問い合わせ
ミュージアム・オブ・トゥギャザー展 事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-12-3 翔和内神田ビル7階
一般財団法人 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS内
TEL:03-5577-6750 FAX:03-5577-6628
MAIL:moto@diversity-in-the-arts.jp

展覧会会場に関するお問い合わせ
スパイラル/株式会社ワコールアートセンター
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
TEL:03-3498-1171
________________________________________

[ English ]
The Nippon Foundation DIVERSITY IN THE ARTS
Museum of Together Exhibition
October 13(Friday) -October 31(Tuesday), 2017

Outsider Art and Contemporary Art, Experience 22 Different Worlds of Art
A Museum Open to Everyone

Venue: Spiral Garden (Spiral 1F)
Opening Hours: 11:00-20:00 Free admission / Open every day
* Open until 18:00 on October 13 (Friday)

Artists: Satoru Aoyama, Fumito Urabe, Emi, Rikako Kawauchi, Christian Hidaka, Kazuko Komatsu, Chiaki Shimizu, Chiharu Shimizu, Nobuko Tsuchiya, Masahiko Tsuchiya, Sayaka Teraguchi, Peter McDonald, Yuki Fujioka, Hideo Furutani, Kayo Horie, Nao Matsunaga, Masataka Mizuuchi, Mizunoki Archives, Masaki Mori, Koichi Yashima, Ryunosuke, Yoshihiro Watanabe
________________________________________

AIT is pleased to cooperate upon hosting an exhibition at the Spiral Garden(Aoyama,Tokyo) from October 13 (Friday) - October 31 (Tuesday), 2017 as part of the The Nippon Foundation DIVERSITY IN THE ARTS Project.

The "Museum of Together" exhibition consists of artworks by 22 artists created in many different environments, including special care facilities, ateliers, private residences, and studios, as well as an archive of various materials and models.
We look forward to your support and attendance at this special exhibition.

For details of the exhibition, please see Exhibition Official website.
________________________________________

[ Curators Message ]

The Museum of Together is a temporary museum showing art works and archives by 22 participants. The artists live and work in many different kinds of contexts; from being professional artists with gallery representation, artists who work in special care atelier facilities, artists who work at home and artists who teach in special schools. The motivations and intentions of the artists are diverse. Some have a deep awareness of art history, some make art to feel better and maintain health and balance, some sell their works and others ask that their works are thrown away after being completed.

What brings them together is an intensity of feeling and vision about art-making that is rooted in desires beyond simply the ego personality. Here art may emerge from despair, ecstasy, isolation, joy and varying degrees of altered states of consciousness. Although we can explain many aspects of their art through words, there are also many aspects that invite us to adopt different kinds of attention and sensibility. The Museum of Together tries to think about art as an active tool to generate and maintain psychic and spiritual wellbeing. This is not something special to only a certain kind of art such as Outsider Art, or an art that can be spoken about simplistically as 'pure' or 'raw'. It has been a crucial aspect of all art, from religious art to the many modern and contemporary expressions of what we can call 'spirituality' in art.

The art works are not only tools for the artists who create them, but crucially have the radical potential to be of use to all of us. The Museum of Together invites you to become an active part of the exhibition, not only through reading the accompanying captions, but through careful looking and letting different desires flow inside you. One of the aims of this exhibition is to appeal to as broad an audience as possible. In this regard we held many discussions from the initial planning stages with people with hearing, physical and visual disabilities. The exhibition design and Access Art Program have been planned with this in mind, and hopefully we have created a 'set and setting' appropriate for the art works to connect among themselves, the soul of the viewers and the wider society. We hope that the exhibition is used by the audience and that its affects resonate widely.

Roger McDonald / Yuko Shiomi
________________________________________

[OUTLINE]

Organized by The Nippon Foundation
Produced by The Nippon Foundation DIVERSITY IN THE ARTS
Supervised by Arts Initiative Tokyo [AIT]
Planning cooperation: Spiral
Venue cooperation: Wacoal Art Center Co., Ltd.

Curators: Roger McDonald, Yuko Shiomi [AIT]
Exhibition Space Design: Atelier Bow-Wow
Exhibition Graphic Design: So Hashizume
Editorial Design: Eri Ishida
Learning Program Planning: ABLE ART JAPAN
Learning Program Support: Viewing Artwork Together with People with Visual Disabilities, Art and Sign Language Project, Mori Art Museum

Special Food Menu: Yuri Nomura (eatrip), Kako Osada (foodremedies)

Research Curators: Toru Akaogi (atelier A), Kaoru Ouchi (Arts Council Niigata), Takayoshi Okabe (Hajimari Art Center), Taro Okabe (Tanpopo-no-ye), Riko Okuyama (Mizunoki Museum of Art, Kameoka), Mari Chiba, Akigo Tsuguchi (Tomonotsu Museum), Shihoko Matsumoto (Warakoh Museum), Yoshiyuki Morioka (Morioka Shoten), Masato Yamashita (Atelier Yamanami)

Cooperation: MIZUMA ART GALLERY, Yamanami-kai Social Welfare Corporation, Atelier Yamanami, GALLERY SIDE 2, WAITINGROOM, General Incorporation Foundation Tanpopo-no-ye, Wataboshi-no-kai Social Welfare Corporation, atelier A, SCAI THE BATHHOUSE, Hiroshima Central School for Special Support, Yukai Co., Ltd. studio COOCA, Yamato-kai Social Welfare Corporation ,Yamato Kogen Taiyo-no-ie, Palette-kai Social Welfare Corporation, Palette Tatsuno, Mizunoki Museum of Art, Kameoka

[ WEBSITE ]

・Exhibition Official Website https://www.diversity-in-the-arts.jp/moto
・The Nippon Foundation DIVERSITY IN THE ARTS Official Website https://www.diversity-in-the-arts.jp

[ CONTACT ]

Exhibition Information
Museum of Together Exhibition Office
Showa Uchikanda Building 7F, 1-12-3 Uchikanda, Chiyoda-ku, Tokyo 101-0047
The Nippon Foundation DIVERSITY IN THE ARTS
Tel: 03-5577-6750
Email: moto@diversity-in-the-arts.jp

Venue Information
Spiral/ Wacoal Art Center Co., Ltd.
5-6-23 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo, 107-0062
Tel: 03-3498-1171

キーワード:


コメント(0)


AIT

ゲストブロガー

AIT

“現代アートの学校【MAD(Making Art Different=アートを変えよう、違った角度で見てみよう)】受講生募集中!オンラインで学べる【E-MAD】もあります。”