2017-06-22

THE VISION & SOUND 2 このエントリーを含むはてなブックマーク 

突然ですが、24日に以下のミニミニイベントを今展示中の会場で、行う事になりました。
お時間、ありましたら是非、いらしてくださいませ。
どうぞよろしくお願いします。。

THE VISION & SOUND 2

期日: 6月24日
開催時間: 19:30-20:45

代田橋 納戸/gallery DEN5
〒168-0063
東京都杉並区和泉1-3-15 市場入口東京都杉並区和泉1-3-15 市場入口
京王線 代田橋駅北口より徒歩5分
専用mob/070-6469-6908
mail/daitabashi.nando@gmail.com

The Vision & Soundとは
絵画作品とそれに関係した刺激的なトークセッション。サウンドパフォーマンスや映像を使ったメディアアート、ポルトガルの実験映像作品を現代美術家の伊藤知宏の個展会場で行うミニイベントです。

<メディアアート>
-そこにあるえとえいぞう-
榛葉大介/Daisuke Shinba 映像作家
1979年生まれ 東京都出身
Dry&HeavyのLikkle MaiやヒューマンビートボクサーAFRA、「BoilerRoom」DJのjacek sienkiewicz来日時のムービー等を制作。
フィジカルな労力を惜しまないその作家性と、民俗学や哲学に裏打ちされた作品が、メキシコのアート誌「POV」誌に取り上げられ、国際的に注目を浴びている新進気鋭のフィルムメーカー。
祖母は詩人である「榛葉静子」
daisukeshimba.tumblr.com/

<サウンドアート>
-そこにあるえとおと-
かにかに倶楽部
音と映像によるオーガニックテクノバンド。奄美大島、金井工芸敷地内シェアスペースMunko Work Spaceにて、"SoundMeeting / 音楽夜会"を定期的に開催、配信中。
https://www.mixcloud.com/Kani_Kani_Club/

小田島文顕 / Fumiaki Odajima 1978 年東京生まれ、千葉県出身。 現在は奄美大島を拠点に制作。
主に生活の身の回りにある軽い透明素材、透過性のフィルム、光、影、反射を使ったインスタ レーションを手法とし、近年は「音」を素材に、その特性である「くりかえし、移動、変化」 に注目し、インスタレーション、パフォーマンスを行なっている。
学歴
2006 バージニアコモンウェルス大学大学院芸術学部ガラス科卒業(バージニア州・リ ッチモンド)
2003 オハイオ州立大学芸術学部ガラス科卒業(オハイオ州・コロンバス)
www.fumiakiodajima.com

Yukihito Kanai(金井志人) http://www.monojapan.nl/en_kanaikougei/
Keiichi Iwasaki(岩崎恵一)

<ペインティング>
-そこにあるえ-

伊藤知宏
1980生まれ。阿佐ヶ谷育ちの新進現代美術家。東京、アメリカ(ヴァーモント・スタジオ・センターのアジアン・アニュアル・フェローシップの1位を受賞)、フランス、ポルトガル(欧州文化首都招待[2012]、O da Casa!招待[2013])、セルビア(NPO日本・ユーゴアートプロジェクト招待)、中国を中心にギャラリー、美術館、路地などでも作品展を行う。谷川俊太郎・賢作氏らともコラボレーションも行う。6月に東京のGallery DEN5と名古屋のGallery Valureで個展。11月に今年の欧州文化首都のPafos2017関連企画でキプロスに招待され、国境が分断された首都のニコシアで作品を発表予定。東京在住。”人と犬の目が一つになったときに作品が出来ると思う。”
http://chihiroito.tumblr.com/

同時開催:
The Suppression
伊藤知宏個展/Chihiro Ito solo exhibition
2017/6/10(土)-25(日)

「SUPPRESSION(=抑圧)されているような絵だね。今の世の中みたい。」と
友人のアーティストに言われたのが、今回の作品展のタイトルの由来です。
ご高覧、宜しくお願いいたします。
伊藤知宏

代田橋 納戸/gallery DEN5
〒168-0063
東京都杉並区和泉1-3-15 市場入口東京都杉並区和泉1-3-15 市場入口
京王線 代田橋駅北口より徒歩5分
納 戸 16時〜23時
galley DEN5 15時〜21時
水曜定休
専用mob/070-6469-6908
mail/daitabashi.nando@gmail.com

コメント(0)


伊藤知宏(Chihiro Ito)

ゲストブロガー

伊藤知宏(Chihiro Ito)

“犬と人の目が一つになったときに作品が出来ると思う。”


関連骰子の眼

関連日記