2016-09-09

いまどーしてもネタバレで語りたい、新海誠監督『君の名は。』と客マナー雑感 このエントリーを含むはてなブックマーク 

見ると『シン・ゴジラ』の感動がかすみました……。

な〜んて感想文をたくさん見かけたこともあり、行ってきました、新海誠監督最新作『君の名は。』@大阪某所の大スクリーン。

いちばん気になったのは、観客の悪マナーだったりするのだが(後半記述)、あれほど盛り上がった『シン・ゴジラ』がかすんだ……というのは一体どういうことなのか。

いやはや、見てみるとなにげに納得でした。

劇場で映画を見るという体験からすると当然『シン・ゴジラ』に勝るものなしなのかもしれないが、いま見るなら『君の名は。』をオススメしたい。

というのは、新海誠ここにあり!という点では十分なプロモーションになったからだ(なにしろ周りの自称・映画好きでさえもほぼ新海誠を知らないのだ、この機会に絶対見てくれ!)。

ゆえに、ゴジラが復活するより、もっと価値があるのだ。
特に自称・映画好きさん。

かつて青い「Mac G4」でほそぼそと『ほしのこえ』(当時DVD高かったなぁ…)を作った“ひとり男”として、当然昔から見ている(短編以外)。新海監督といっしょに仕事した人による講演会で裏話(新海誠的思考)を聞いたこともあるので、メディアに載らない彼の“本音”もちょっと知っている(→マーケット・ターゲット設定の考え方は100%間違いなし)。

そのなか彼は10年以上前から、数々の賞も獲ってるし、活躍しているわけで「なにを今更」感もとーぜん満載。

ほんで、今回はネットでも書かれているように過去作品セルフオマージュがかなりあった印象(『君の名は。』テレビ特番でも紹介されてましたよね)。

ゆえに入門編でもある。

そのなか、昨日の大阪某映画館『君の名は。』最終上映後の男子トイレ(ワタクシ必ずあとで観客の反応をみる)で次々といわれてたのは「これって、スターウォーズ。いや、なんだったけ? サマーウォーズか。あれといっしょだよな」。

って、おまえ!

細田守監督の『サマーウォーズ』のタイトルぐらい覚えろや!と思ったヤツは、ふと振り返って見てみるとチャラチャラした兄ちゃん(いや今回、チャラチャラした兄ちゃんが超満載ですげービックリ。で、その連れはもちろんチャラチャラした姉ちゃん)。

まぁ、そんな観客でも感じるんだから、もし隕石的事件が『サマーウォーズ』へのパロディやオマージュであればいいんだけど、物語の必然としての“隕石”だったら、ちょっと興ざめもするかも。

※勝手に予想するに[彗星のを見せたかった]から発想したと思うんだけと、でなければ、避けるべし。
※細田守監督『サマーウォーズ』もセルフオマージュ満載と言われているけど。

というのは、語るまでもなく、映画館の観客のほとんどは年に1〜2本しか見ない(映画関係者なら知っている)。

そのなか今回異例の大ヒット……アニメ好きがひさびさに見に来た……もちろんあるだろうけど。前出の通り、チャラチャラ系もかなり含まれているとしよう(しかも、個人的観測ではそのほぼ50%がポップコーンを購入してた、自分の周りは100%買わない)。

ほんで予告編は30分弱以上(個人的ラッキー!)で喜びつつも、ホント本編直前までお客さんがたちながらうろうろ&着席していて、まぁ、落ち着きません(少しは気をつかえよ)。

例えば、隣の席にいた、見た目のふくよかな女性(アニメ好きかな?)もエンディングロール時にスマホをチェックで、ワタクシ超明るい(あれ、アニメ好きどころか映画館のマナーも考えないんだ)。

もちろん、もっと悪マナーは続くので、ご安心ください。

というのは、全体お客さんの2〜3割くらい(全客数は250人くらいかな)、エンディングロール前で立ち上がり……。

最悪なのは、そのほぼ2割がスマホのライト(照明機能)を使って、足下を照らしつつ出口へ(それだけ劇場も暗いわけ → ナイス)。

もろちん残っている自分は余韻なんてものはありません。
顔をライトで照らされる瞬間も。

まぁ、年に1〜2回しか劇場来ないんだから、マナーなんて伝わるわけないわけで。

しかも、帰りのエレベーターで隣のちょっとチャラそうなOLが話していた会話。

「最後あれって、過去の記憶なかった意味ない?」
「だよね、意味ないよね〜、つまらない」

って、おいおいw

でも、まぁ、一般のお客さんが増えるということはこーいうことなので、なにげにヒットしてる映画では毎回こんな感じ。

たがら、配給方式を「初心者向け」と「映画好き向け」に分けてくれ。
すると、ミニシアターに逃げている人をまた呼び込めるんじゃないかな。

劇場側の“やっつけ仕事”はもう飽き飽きしているくらい聞いたこともあるけど、配給側の宣伝部は興業サイドに文句いいましょうよ……。
せっかくの努力が劇場でパァですよ。

大ヒット映画ほど「わざわざ映画館で見なくてもいいや、時間かかるし、DVDなるの分かっているし、テレビでやるし」

でも、映画館で見ているんだから、その時間を大事にしましょうよ。

※【ストーリー的ネタバレ】個人的にはなにかもやもやして帰宅していろいろ考えて、構造的には『君の名は。』は『うる星やつら完結編』やんと感じた。伝わるのは少数だと思いますが、ツカミ以外の構造は近い気がしたです。

キーワード:


コメント(1)


  • 中元文月 2016-09-10 01:38

    すいません、昨夜泥酔のなか書きました。

    来週どっかでリライトします。
    未だ読み直していません、怖くて。

中元文月

ゲストブロガー

中元文月

“まだまだ引越のドタバタ続きで、仕事も再開できず。 2019年に向けて、事業計画書作成中。”